【アメリカ、ロサンゼルスに短期留学】1か月の留学で得たことはなんとかなるという自信

アメリカで一ヶ月の語学留学

HISが主催する、アメリカのロサンゼルスへの1ヶ月の短期留学プログラムに参加しました。留学中はアメリカ人の家庭にホームステイし、グループでの語学レッスンに参加、その後アメリカ東海岸へのツアー又ハワイへのツアーを経て帰国というプログラムでした。

大学の友達4人と参加しましたが、全員が別のエリアに振り分けられており、当日ロサンゼルスの空港で別れてからは帰国までずっと別行動でした。

私も含めて全員が初めての海外で、英語を学ぶというよりは海外や英語を話すネイティブに慣れるということが目的であったように思います。私は英文科の学生で多少の日常会話ができるレベルでした。私がホームステイをしたのは、ロサンゼルスの中心地から山間部に入ったあまり開けていないエリアで、20人ぐらいのメンバー(全員初対面)が同じエリアの様々な家庭に一人づつお世話になりました。

私がお世話になったのは、2歳と6歳の男の子二人がいる家庭で、お父さんは消防士、お母さんは当時妊婦さんでした。日本語を話せる人は当然ホームステイ先には誰もおらず、ガイドと離れて、迎えに来てくれたママさんの車に一人で乗ったときは本当に心細かったのを覚えています。ママさんが話しかけてくれても、ほとんど理解できず、また何と答えてよいか、どう英語で表現したらよいかということもまるで思いつかず、とても困りました。そんな状況を救ってくれたのは、子どもの存在です。

英語以外のコミュニケーションも大事

全然言葉が通じなくても、ボールを投げるだけで子どもたちが喜んでくれて、遊んでいるうちにすっかり仲良くなりました。ものすごく広い庭で、子どもと犬と遊んでいるうちに、Let’s go. や、Guess what? などの言葉が自然に出てくるようになりました。ママさんやパパさんにも、自分の希望を伝えたり、感謝の気持ちを伝えることができるようにもなりました。

日中はグループでの英語のレッスンがあり、これは同じエリアの20人ほどの日本人が集まっての学習でした。日本語をついつい使ってしまうので、あまり勉強にはならなかったかなと思うのですが、外国人家庭で一人過ごす寂しさを紛らわせてくれる大事な場でもありました。このグループで、博物館の見学や食事会、遊園地へのツアーにも行きました。個人ではなかなかできない、貴重な体験だったと思います。

ホームステイ先では、週末に食事やショッピングに連れて行ってもらいました。また、彼らの友人が遊びに来て一緒に過ごすこともありました。そういうときは、楽しく参加できることもあったし、うまく意思が伝えられずもどかしい思いをすることもありました。彼らの友人の家に一緒に行こうと誘われたことがありました。

一緒に行けばもっと英語に親しめるチャンスだったかもしれないし、楽しい夜を過ごせたと思います。でも私は、家で一人で過ごしたいと言いました。常に緊張が続き、疲れていたのです。その事情を、英語で一生懸命説明しました。結果、数時間を私は家で一人でのんびり洗濯をしながら過ごしました。短期留学の目的を考えると、非常に後ろ向きな態度であったと思います。でもあの数時間があったからこそ、1ヶ月を最後まで楽しく、ゆとりを持って過ごせたのだと今は思います。

留学の期間が終わり、私は同じエリアの数人と一緒にニューヨークで数日を過ごしました。ガイドはおらず、帰りのチケットと宿泊先を知らされるだけの驚きのツアーでしたが、私たちは問題なく数時間を過ごすことができました。ホテルの部屋に不備があり、部屋を交換してもらうことまでしました。

今は留学プログラムも多数あり、とりあえず海外に出ることがおすすめ

今思うとたった1ヶ月の短期留学でしたが、私にとっては、「なんとかなる、なんとかできる」という大きな自信につながりました。また、ホストファミリーとはそれから数年に渡って文通を続けました。国や言葉は違っても、なんとなく圧倒されてしまう欧米のネイティブも、同じ普通の人間なんだなという思いを持てたことも、大きな収穫であったと思います。

今は様々な留学プログラムがあり、語学学校に通ったり、インターンシップを行う高度な留学プログラムもたくさんあります。そういったものについていける自信のない人でも、単にホームステイをするだけでも、とりあえず海外に出てみることはとても意味があると思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ニュース

  1. バンクーバー、トロント、ビクトリアはカナダでも有名な留学地。カナダは治安、交通の便も良く、過ごし…
  2. ヨーロッパで暮らしてみたい!という夢を叶えるのがヨーロッッパ留学、そしてワーキングホリデーです。ヨ…
  3. アカデミックな街でハーバー大学などの有名大学がある『ボストン』。メジャーリーグのボストンレッドソッ…
  4. ルワンダ共和国(ルワンダきょうわこく)、通称ルワンダは、中部アフリカに位置する小さな共和制国家であ…
  5. ブリスベンのあるクィーンズランド州ではボランティア人口がどんどん増加しています。州としては、近い将…

ランキング

ページ上部へ戻る