高校時代の留学体験談。アメリカ合衆国カルフォルニア州ロサンゼルスの経験で、自分自身を表現できるように

アメリカ・ロサンゼルス高校留学

アメリカ合衆国のカルフォルニア州ロサンゼルスに留学しました。私は高校生の時に行ったので、地元のハイスクールに編入のような形で入学しました。ハイスクールに編入なので、普通の高校で学ぶ教育の他に、英語を母語としない生徒のためのサポートプログラムと、大学入学のための予備プログラムも参加しました。カルフォルニア州は、独特の慣習や因習は少ない方ですし、英語もアメリカの標準語と言われる訛りの少ない英語だったので、国際標準の英語力も身につくと思いました。

授業中は日本語禁止で英語漬けの日々

地元のスクールだったので、色々な背景や国を持つ生徒に会えました。どちらかと言うと日本は多国籍の国ではありませんが、さすがアメリカは移民がたくさんいますから、様々な文化に触れることができました。カフェテリアでも、メキシカン系のフードが提供されたりして楽しめました。カルフォルニアは日系の方が多いですが、私のいたクラスは日本人が少なかったのでどうしても英語を多用しなければやっていけないですし、授業中はもちろん日本語禁止なので英語漬けの日々を過ごせました。

日本では学校で学ぶ第二外国語は英語ですが、向こうではスペイン語だったりします。しかもスペイン語圏出身のクラスメイトから生のスペイン語を教えてもらえたりと貴重な経験でした。また、アメリカの学校は学生の時からディベートの授業があり、若い時から1つのテーマをもとに議論したり建設的な討論をすることを学びます。日本では、ディベートの授業などなかったので、最初はどう切り出して良いかわからず戸惑いましたが、参加するうちに必要な時に自分の意見をしっかりいう必要を学びました。

様々な友人ができるというのも大きな宝ですし、貴重な経験です。その関係はずっと続くものなので嬉しく思います。学校の年度末や卒業の際には、プロムがあるので学生なのにちょっと大人の気分を味わうのも価値ある経験だと思います。

授業、日々の生活でもちろん苦労あり

英語での授業の速さに当初苦労しました。英語は少しできる状態で行ったのですが、やはり生の授業は早いです。また、1時限の間に何度か必ず指名されるので授業についていかないと大変です。慣れるまで、毎日夜中まで予習して学校に行く日々は大変でした。小テストは毎日あるので、良い成績をおさめたい場合はさらに勉強が必要で、内容の濃い毎日でした。

学校という面以外にも、日々の生活でも様々な苦労がありました。ルームシェアという形でステイしていたのですが、シェアメイトとの折り合いがうまく合わなかったり、大家さんのお家ルールに順応するのが大変でした。でも、知人の中にはベビーシッターのように扱われたり、監視下に置かれているような生活を送らされたりして、引っ越しを余儀無くされている人もいたので恵まれている方だったのかもと、今となっては思います。

物価も安い方ではないので、お金のやりくりも頭を使いました。しかし、今思えば全て良い経験だったと断言できます。

留学を通して自分自身を表現するようになった。

留学を通して自分自身を表現するという面で変化したように思います。日本にいた時より、明確な意思表示をいくらか出来るようになったと思います。帰国当初は、スケールがアメリカナイズしていて、ちょっと日本では浮いてしまいそうな気がして驚きましたが、今は良いところに落ち着いています。人を褒めたりすることも、惜しみなくするという良い特質もアメリカで学べたようにも思います。また、英語力に自信もついたので仕事なのでも臆することなく英語を用いられる大人になれました。

私の行ったプログラムは、有る程度の語学力がなければ難しいかと思います。でも真剣に頑張れば必ず出来るものです。若いうちに、10代で外国に行き文化と教育を体験し取得したいと願う方にお勧めします。

若いうちの留学はご両親の協力も全面的に必要なので、現地での状況の変化や金銭面でも応援してくれるサポート体制がある方にお勧めします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ニュース

  1. バンクーバー、トロント、ビクトリアはカナダでも有名な留学地。カナダは治安、交通の便も良く、過ごし…
  2. ヨーロッパで暮らしてみたい!という夢を叶えるのがヨーロッッパ留学、そしてワーキングホリデーです。ヨ…
  3. アカデミックな街でハーバー大学などの有名大学がある『ボストン』。メジャーリーグのボストンレッドソッ…
  4. ルワンダ共和国(ルワンダきょうわこく)、通称ルワンダは、中部アフリカに位置する小さな共和制国家であ…
  5. ブリスベンのあるクィーンズランド州ではボランティア人口がどんどん増加しています。州としては、近い将…

ランキング

ページ上部へ戻る