TOEFLスピーキングの得点アップで1番重要なのは話したいという気持ち

TOEFL

初めてTOEFLを受けたのは大学1年生の時でした。

大学で全員強制で受けさせられたので、まったくやる気もなく、結果はボロボロ。しかし、どんな結果でも、なにも感じなかった自分がいました。なぜなら、私には英語を話してみたいという気持ちが、これっぽっちもなかったのです。

しかし、大学にも慣れ、友達ができ始めたころ、私は大変なショックを受けることになりました。

実は私の通っていた大学は留学生が学生の半数を占める国際大学で、日本人の学生も英語が堪能な子が多かったのです。大学の卒業条件に、定められた英語の基準を合格することがありましたが、私の周りにいた多くの日本人学生は、入学時からほぼその合格ラインを超えていました。

当然、英語のできない私は、国際留学生とのコミュニケーションもできず、英語の授業でも落第点。受験勉強でも、英語が一番の苦手科目だったので、本当に絶望したのを覚えています。

しかし、どんなに絶望しようと、勉強するしかありません。私はTOEFLのテキストを買い込み、勉強を始めました。

文法は大体受験勉強で頭に入っていましたが、やはりスピーキングは全くと言っていいほど未経験。どうしようかと悩んだ私は、2年生から大学を休学し、オーストラリアへ語学を勉強しに行くことを決意。オーストラリアでは語学学校に通い、全く日本語の通じない田舎の街で過ごしました。

もともとおしゃべりな私は、とにかく話がしたいけど、言葉が通じないというジレンマで、本当にストレスを抱えましたが、生活に慣れるにつれ、いろいろな国から来た留学生や、ホームステイのファミリーに助けられ何とか、コミュニケーションが取れるようになりました。

現在は、オーストラリアで大学を卒業し、翻訳家として働いています。

あの時、大学にいた留学生たちや、オーストラリアでできた友達とどうしても話をしたいという気持ちがなかったら、TOEFLでいい結果も残せず、オーストラリアの大学に入ることはできなかったと思います。

TOEFLの教科書には、テクニックや傾向が乗っていて、とても便利です。特に、TOEFLはコンピューター相手に話をしなければいけないので、最初は一人で話しているようで、なんだか変な気持になるので、練習することはとても大事です。

しかし、もっとも重要なことは、しゃべりたいという気持ちです。目標をもって取り組むことが、TOEFLの得点アップには一番重要なことです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ニュース

  1. バンクーバー、トロント、ビクトリアはカナダでも有名な留学地。カナダは治安、交通の便も良く、過ごし…
  2. ヨーロッパで暮らしてみたい!という夢を叶えるのがヨーロッッパ留学、そしてワーキングホリデーです。ヨ…
  3. アカデミックな街でハーバー大学などの有名大学がある『ボストン』。メジャーリーグのボストンレッドソッ…
  4. ルワンダ共和国(ルワンダきょうわこく)、通称ルワンダは、中部アフリカに位置する小さな共和制国家であ…
  5. ブリスベンのあるクィーンズランド州ではボランティア人口がどんどん増加しています。州としては、近い将…

ランキング

ページ上部へ戻る