大学を休学してサンフランシスコへ。英語力が上がり自信となった貴重な1年間

サンフランシスコ留学

大学2年が終わってから大学を一年休学して、アメリカへ語学留学に行きました。

一年間と言う限られた期間で最大限に英語力をつけたいという目標を掲げながら同時にアメリカという異国での生活を送りながら自分を一回り成長させたいという希望がありました。

語学留学に訪れたのはカリフォルニア州のサンフランシスコのELSという英語学校です。ホームステイをしながらの語学研修プログラムで、かなり内容的にはハードな語学学校ということで定評のあるコースでした。学生はヨーロッパからの留学生が非常に多く日本人は結構少なめでした。

最初に受けたクラス分けテストで私は8段階のレベルのうちの上から2番目のクラスに入れられたのですが日本人は私ともう一人だけという環境でしたので、日本人とつるむことなく、外国からの友人と英語だけで一日の大半を過ごす事ができたのでかなり有意義な時間を過ごす事が出来、英語力の向上にも効率的に取り組む事が出来た留学となりました。

授業も充実。週末は学校主催のアクティビティーを楽しみました

クラスは朝の9時から昼の2時までと、ぎっしりのスケジュールで宿題もたっぷり出たので遊びまわる時間はあまりなかったですが、それでも週末には学校主催のフィールドトリップという遠足のようなものの企画が頻繁に催されてバスで2時間ぐらい南下したイチゴ畑でイチゴ摘みを楽しんだり、サンフランシスコジャイアンツの試合を観戦したり盛りだくさんの企画のなかで異国の者どうし、友情を深めたり良い気分転換にもなりとても充実していました。

私のクラスメートの殆どは、このELSの語学学校でのコース終了後にアメリカの大学進学を目指している人が多かったため授業内容は英会話を学ぶという事よりも読み書きの方に重点が置かれているようで、小論文、レポートなどの書き方を特に細かく指導されていました。

特にELSは、一番上のクラスを終了すると自動的に提携している大学に進学する事の出来る特典があったため、アメリカ大学の進学を目標としている留学生には人気があったと思います。

英会話力は想像以上にアップ。自信が持てないなら語学留学をおすすめ

私は、日本の大学を休学しているためアメリカの大学進学という夢を持つ事は出来ませんでしたが、ELSで、色々な習慣や考え方を持つ各国の留学生との係わり合いにより、柔軟な考え方をする事が出来るようになり、また一人間として大きく成長する事が出来たと実感しています。

一年の留学の最初の頃を思えば、殆ど英語が話せなかったのにもかかわらずわずか1年という限られた期間で、私の英会話力は予想を超えるほど伸びたと言えます。それにより自分に自信を持つ事が出来るようになり大きく成長する事が出来ました。

いまひとつ自分に自信が持てない人、一歩踏み出したい人には期間を問わず語学留学を是非おススメします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ニュース

  1. バンクーバー、トロント、ビクトリアはカナダでも有名な留学地。カナダは治安、交通の便も良く、過ごし…
  2. ヨーロッパで暮らしてみたい!という夢を叶えるのがヨーロッッパ留学、そしてワーキングホリデーです。ヨ…
  3. アカデミックな街でハーバー大学などの有名大学がある『ボストン』。メジャーリーグのボストンレッドソッ…
  4. ルワンダ共和国(ルワンダきょうわこく)、通称ルワンダは、中部アフリカに位置する小さな共和制国家であ…
  5. ブリスベンのあるクィーンズランド州ではボランティア人口がどんどん増加しています。州としては、近い将…

ランキング

ページ上部へ戻る