留学に年齢は関係ないと思います。イギリス(ブライトン)での貴重な短期留学体験

イギリス短期留学(ブライトン)

短大1年生の春、学校から「夏休み一か月短期留学プログラム」のお知らせがきました。行先はイギリスかアメリカ。両親に相談して承諾を得て、仲良し友達5人組でイギリスのコースに参加することにしました。

滞在先はイギリス南東部にあるブライトン(ロンドンから列車で約1時間半の場所)という町、そこはイギリスでも人気のリゾートタウンと呼ばれていて海がとてもきれいな所でした。

1か月のプランは、はじめの3週間はブライトンの語学学校に通い、最後の1週間はスコットランドの首都であるエディンバラへの(道々あちこち観光しながら)観光旅行でした。

ホームステイ先はとても快適。猫が一緒に寝てくれました!

ブライトンでの生活ですが、みんなそれぞれのホームステイ先に滞在することになっていました。コーディネーターの人に連れて行ってもらいはじめてホストファミリーに会うときはとても緊張しましたがホストマザーはとても優しい人で会った瞬間にハグしてもらい、あまり英語を話せない私にもゆっくりとわかりやすい英語で話しかけてくれてすごく嬉しかったのを覚えています。

そのお宅はマンションの一階、ホストマザーに娘さんが1人、そして猫1匹という家庭でした。この猫ちゃんがそれはそれは癒しの存在で、滞在中、私はマザーのベッドを借りていたのですが匂いがついているのかいつも一緒に寝てくれました。

とにかく何でもいいから話そうと努力。

坂の上のおうちだったので坂下に広がる海岸を見ながらの登校、学校へは歩いて20分ほどでしたがその風景を見ながら歩くのはまったく苦になりませんでした。

学校にはスペイン・イタリア・スイス・ナイジェリア・台湾と様々な国の生徒がいました。また、年齢もばらばらで中には子供をがいるお母さんや自分の父親くらいの年齢の生徒もいて驚きました。

初日にクラス分けテストを受け、その後は各クラスに分かれての勉強でしたが、日本人以外の国の生徒は積極的に(間違っても気にせず)会話をしていたので最初は少々気おくれしてしまいましたが、よくよく考えてみたらテストを受けて分けられたクラスという事はレベルが大体同じということに3日目くらいに気付き(日本人は会話の点数が悪くてもペーパーでとれているようで)せっかくイギリスまで英語を勉強しに来たのだし3週間しか滞在できないのがわかっていたのでとにかく何でもいいから話そうと努力をしました。

留学に年齢は関係ない。またチャレンジしたいと思う。

一番、私たち日本人と気が合ったのはスペイン人。学校が終わるとショッピングに一緒に出掛けたり、パブに飲みに行ったりと本当に楽しい時を過ごしました。

今でもその中の数人とはメールや手紙でやり取りをしています。ホームステイにしても語学学校にしても何もかもが人生ではじめての経験だったのでとても貴重な体験となりました。もし機会があればまた短期留学(年齢はまったく関係ないことがわかったので)にチャレンジしてみたいなと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ニュース

  1. バンクーバー、トロント、ビクトリアはカナダでも有名な留学地。カナダは治安、交通の便も良く、過ごし…
  2. ヨーロッパで暮らしてみたい!という夢を叶えるのがヨーロッッパ留学、そしてワーキングホリデーです。ヨ…
  3. アカデミックな街でハーバー大学などの有名大学がある『ボストン』。メジャーリーグのボストンレッドソッ…
  4. ルワンダ共和国(ルワンダきょうわこく)、通称ルワンダは、中部アフリカに位置する小さな共和制国家であ…
  5. ブリスベンのあるクィーンズランド州ではボランティア人口がどんどん増加しています。州としては、近い将…

ランキング

ページ上部へ戻る