【ロサンゼルス語学留学体験談】ハワイで出会った夫婦のお宅にホームステイ

ロサンゼルス短期留学

私は高校生の時にハワイへ旅行に行きました。海外は日本と違いオープンでさばさばしていてそのとき英検2級だったのでハワイなら片言の英語で何でも通じました。ある晩眠れなかったとき一人でホテルのカフェへ行きました。そこでホットミルクを飲んでいるとあるメインランドから来たカップルに声をかけられました。

一人で静かにしてておいて欲しかったのに面倒なことになったなと思い最初のうちはうっとうしかったのですがこちらの言っていることが向こうに通じていることがわかりロサンゼルスからきているご夫婦で子供はいない。

ホストファミリーをやっているとのことでした。それでうちへ遊びに来ないかと言うようなことで誘われ日本の高校を友達ができずに勉強が付いていけずに休学していた私はその人の家にホームステイをすることになったのです。ロサンゼルスには日本人の知り合いがすんでいます。そうしてその知人を頼ってその夫妻の家にとりあえず1ヶ月行かせてもらうことにしました。一応語学学校も決めてそのホストが送り迎えをしてくれました。

語学学校では日本の英検2級といってもヒヤリングが聞き取れず独特な言い回しの単語だけ知ってても通用しない熟語が重要でした。私のときはそんな英語の翻訳機があるわけでもなし辞書を片手に奮闘しました。

ホストファミリーの英語もわからなかったので必死に勉強

家へ帰ってもまた英語。最初はファミリーがなに言っているのかわかりませんでしたが笑っていたら同じところで笑うようにしてわかっているふりをしたりしていました。

一番苦労したのは車に運転できないので知人のおばさんに頼んでホストの人には学校の送り迎えだけでも悪いのに買い物とかを行く時に日本みたいに狭く無いので車で連れていてもらうことでした。何をするにも英語。スーパーへ行っても英語の説明を読まなければいけません。苦しかったです。知人の日本人のおばさんといるときだけが唯一日本語を使えるときでほっとする瞬間でした。

生理用品が向こうのは日本みたいに気持ち良く使えるものが無かったので日本から送ってもらっていました。でもただのほほんとロサンゼルスにいても英語力は身につきません。死ぬ気で勉強しました。最初1ヶ月の予定でしたが延長することになりそれで突然すうっと英語のリスニングが耳に入ってくるようになったのです。でもまだまだ単語を覚えなければ一人前にはなりません。それで4月が迫り勉強半ばでしたが日本の高校に復学するために短期留学を終えたのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ニュース

  1. バンクーバー、トロント、ビクトリアはカナダでも有名な留学地。カナダは治安、交通の便も良く、過ごし…
  2. ヨーロッパで暮らしてみたい!という夢を叶えるのがヨーロッッパ留学、そしてワーキングホリデーです。ヨ…
  3. アカデミックな街でハーバー大学などの有名大学がある『ボストン』。メジャーリーグのボストンレッドソッ…
  4. ルワンダ共和国(ルワンダきょうわこく)、通称ルワンダは、中部アフリカに位置する小さな共和制国家であ…
  5. ブリスベンのあるクィーンズランド州ではボランティア人口がどんどん増加しています。州としては、近い将…

ランキング

ページ上部へ戻る