【オーストラリアで1年間の語学留学】本気で英語を勉強したい、話せるようになりたいならチャールズ・ダーウィン大学がオススメです

オーストラリア1年間の語学留学生活

小学生の時に従妹の家に来ていたアメリカからの留学生に会って以来、英語を話せるようになりたいと強く願ってきました。中高と英語系のクラブに入り、短大でも英文科に入り、在学中に1か月の短期留学でイギリスへ。イギリスでの短期留学が自分の中での引き金となり、卒業後にお金を貯めてオーストラリアのダーウィンという町に一年間の語学留学をしました。

オーストラリアへの語学留学でチャールズ・ダーウィン大学を選んだ理由

まず、なぜダーウィンを選んだかと言えば、せっかく語学を身に着けるために留学するのに日本人が多い所ではどうしても母国語から離れられないだろうと思ったこと、あとは一年住むに当たり気温が一定の地域でないと持っていく衣服などがかさ張ること、この2点に重点を絞って国選びのための情報をさがしました。

そうして調べていったところ、ダーウィンは半年ごとに雨季と乾季が入れ替わるものの年間を通して平均32℃、日本人が滞在している割合は極めて低いということがわかりました。これで国と地域は決定しました。あとは、「英語習得」という明確な目標があったので、現地唯一の外国人用語学学校であるノーザンテリトリー大学(現在は改名してチャールズ・ダーウィン大学)付属のELICOSセンターというところに入るため願書を出しました。

大学付属の語学学校だったので大学寮に住めるというメリットがあり、朝昼晩3食に家具付きの部屋に住むことができました。(寮費は別途有料)寮から学校までは徒歩約10分。とても広い大学の敷地内なので毎朝校内を歩いて通うのは、「通学してる!」という意識が強く新鮮だったのを覚えています。

語学留学をしている日本人の同志

ただ、全然いないと思っていた日本人ですが、自分が想像していたよりはるかに多くてびっくりしました!(事前の調べから、いても2?3人と思っていましたが実際は10人以上いたので)そんな中ですから、どうしても日本人同士固まってしまうんです。正直最初はその輪に入るのを避けました。自分はここに何しに来たかを考えたら一度でも母国語が話せるぬるま湯につかってしまったら出られないと思ったからです。

そうとはいえ、やはりそこは人対人。

話してみてわかったのですがそんな辺鄙な場所までわざわざ留学しにくる日本人ですからみんな「志」は一緒だったのです。それからはなるべく日本人同士でも英語を話すようにして、どうしてもお互い説明しきれないところだけは英語を話すという感じで過ごしていました。そうしているうちに他国からきた留学生達(香港・タイ・インドネシア・韓国・台湾等)のグループとも食堂などで会うと合流して一緒にご飯を食べるようになり、その結果、知らず知らずのうちに生きた英語を勉強することができるようになったのです。

「同じ釜の飯を食う」という言葉がありますが、国は同じであっても違っても目的が同じ仲間同士、同じ食事を食べ、それぞれの国について語り合い、時には各国料理を互いにふるまって交流を深めたことはこの先の自分の人生を送るにあたって、お金では到底買うことができない大変貴重な体験となりました。

語学留学を通じて本気で英語を学びたいならオーストラリアのダーウィンがおすすめ

今でもその時の友とは繋がっており、メールやLINEなどで近況を話し合っています。もしも、本気で英語を勉強したい、もしくは話せるようになりたいと思っている人はぜひダーウィンに行くことをおススメします。寮から歩いて数分の位置にビーチがあり海に沈む夕陽は本当に美しいですし、少しにぎわっている町中まで出かけるのにはバスでおよそ30分、娯楽と言えばボーリングと映画くらいしかないのですがそれがまた余分な遊び心を誘わず、勉強に集中できるのです。

因みに私は語学学校の休みの時には足しげく大学の図書館に通い、英字新聞に目を通すことで英単語が覚わり、帰国する頃にはテレビでニュースをみていてもおおよその内容がつかめるほどになりました。

一つ残念なことと言えば、オーストラリアに留学したにもかかわらず、オージーの友達がたくさんはできなかったことですがそれでもあの一年の経験は今でも自分の宝物となって心に残っています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ニュース

  1. バンクーバー、トロント、ビクトリアはカナダでも有名な留学地。カナダは治安、交通の便も良く、過ごし…
  2. ヨーロッパで暮らしてみたい!という夢を叶えるのがヨーロッッパ留学、そしてワーキングホリデーです。ヨ…
  3. アカデミックな街でハーバー大学などの有名大学がある『ボストン』。メジャーリーグのボストンレッドソッ…
  4. ルワンダ共和国(ルワンダきょうわこく)、通称ルワンダは、中部アフリカに位置する小さな共和制国家であ…
  5. ブリスベンのあるクィーンズランド州ではボランティア人口がどんどん増加しています。州としては、近い将…

ランキング

ページ上部へ戻る