1年間のオーストラリア高校留学で身につけた英語力と、感謝のこころ

オーストラリア・サーファーズパラダイスで語学留学

私は高校在学中の16歳から17歳の頃に、一年間オーストラリアのサーファーズパラダイスの近くの街に留学をしました。

私は小さい頃から英語が身近にある環境の中で育ちました。母は国際線のフライトアテンダントで、私は幼稚園の頃から英会話教室に行っていました。英会話教室と行っても、難しい勉強をするわけではなく、英語の歌を歌ったりゲームをしたりする中で、映画は私にとって常に楽しいものでした。

オーストラリアから来た短期留学生の話を聞いてオーストラリアに興味を持つ

小学校高学年の時には、家に2週間オーストラリアからの短期留学生の女の子が、ホームステイとして滞在していました。私は彼女から聞く、オーストラリアの話に大変興味を持ちました。コアラやカンガルーがいて、サンタクロースがサーフボードに乗ってやってくる国、そんな印象でした。中学生になり本格的に英語を学習するようになると、さらに英語が好きになり流暢に話せるようになりたいと思いました。

そこで英語科のある高校に進学を決め、オーストラリアに留学したいと考えるようになりました。それは私にとって、悩む事などなくとても自然な決断だったと思います。

高校留学の最初に語学研修があると、安心です

留学には「YES」という期間を通して行く事になりました。オーストラリア留学に関して設備が整っている機関で、留学中も現地スタッフからのサポートが受けられるということで選びました。日本からは同時期に15名程の学生が出発しましたが、それぞれ別の街に行く事になっていました。しかしこの機関を利用してよかったのは、すぐに全員がバラバラになるのではなく、最初の1週間はメルボルンの語学学校で研修があったことです。その1週間でオーストラリアの雰囲気のようなものを知る事ができ、「これから留学するんだ」という心づもりをすることができました。

私がステイすることになったのは、地図でいうと大都市ブリスベンの少し下に位置するサーファーや観光客に人気のある街サーファーズパラダイスよりもさらに少しだけ下にある、小さな街でした。

オーストラリアの学校は4学期制なので、それに合わせて4回ホームステイ先が変わりました。留学が楽しいものになるかどうかは、もちろん自分自身の努力も必要だと思いますが、自分に合ったホームステイ先に出会えるかどうかも大きいと思います。正直にいうと、素敵なステイ先もあれば、辛い思いをすることになったステイ先もありました。

ホームステイ先がとても素敵な家族でした

運がよかったのは、最初のステイ先がとても素敵な家族だったことです。私は、英語の勉強は出来る方で学年でも10番以内の成績だったのですが、実際生活してみるとそんなことは関係なく私の英語はまったく通じませんでした。一般的にLとRの区別が難しいとよく言われますが、WやVの発音も難しく、中々言いたい事が伝わりませんでした。

それでもステイ先の家族は辛抱強く私の話を理解しようと耳を傾けてくれました。そこで私は「単語や文章の作り方がわからなくてもとりあえず、心に浮かんだ事はすべて言葉にしよう」と決め、一日の出来事などをすべて彼らに話すようにしました。

その度に彼らは優しく正しい言い回しを教えてくれ、私の英語は徐々に上達していきました。帰国する直前には「あなたは最初一生懸命話してくれていたけど、わからない時もあったわ。でも今では何でも話せるようになったのね」と言ってもらえるようになりました。

1年間のオーストラリア高校留学で起きた自分自身の変化

留学を通して、私に変化をもたらしたのは英語の上達だけではありません。オーストラリアでは子供たちも自分の部屋を掃除したりお手伝いを多くしたりしています。夫婦も家事を協力し合い、家族みんなで助け合っていました。英語が上手くなく、学校生活でもわからないことがたくさんある私を友人たちが優しくサポートしてくれました。

言葉で表す事が難しい程の感謝の気持ちでいっぱいです。そう感じて、私は日本に帰ってきてからも多くの人に感謝できるようになりました。留学をさせてくれ、私をいつも見守ってくれている両親や家族に感謝し、いつも色々な面で支えてくれる友人たちに感謝しました。これからもその気持ちを忘れず、私もまわりの人たちを支える事ができるような存在でありたいと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ニュース

  1. バンクーバー、トロント、ビクトリアはカナダでも有名な留学地。カナダは治安、交通の便も良く、過ごし…
  2. ヨーロッパで暮らしてみたい!という夢を叶えるのがヨーロッッパ留学、そしてワーキングホリデーです。ヨ…
  3. アカデミックな街でハーバー大学などの有名大学がある『ボストン』。メジャーリーグのボストンレッドソッ…
  4. ルワンダ共和国(ルワンダきょうわこく)、通称ルワンダは、中部アフリカに位置する小さな共和制国家であ…
  5. ブリスベンのあるクィーンズランド州ではボランティア人口がどんどん増加しています。州としては、近い将…

ランキング

ページ上部へ戻る