合コンでの印象を決める要素

30代半ばを迎える今日に至るまで、学生時代から数え切れないほどの合コンに参加して来た。そのほとんどは結果が芳しくなかったが、異性と楽しくお酒が飲めただけでも、価値ある時間を過ごせたと思い、参加し続けてきた。男性である私も、合コン参加に際しては、服装にかなり気を遣ってきた。そんな私なりに、男性から見て好印象な女性の服装、印象を記して見たいと思う。

まず服装についてだが、派手すぎな服装は、あまり好きではない。学生時代に特に多かったタイプの服装だ。社会人になった後、何度かキャバクラに行ったことがあるが、たまにそこで働くケバケバしいお姉さま並みに派手でキラキラした服装をしていた子もいた。化粧も思いっきり濃い。パッと見だけで、「異常な気合の入り方」が伝わってきて、思わず引いてしまう。目立つカッコなんてしなくていい。露出も多くなくていい。これからお近づきになっていこう、と考えている男性からすれば、服装の派手な女性はそれだけで近づきがたい印象を持たれるので、損だと思う。

もう一つ、大事なのは「清潔感」だ。これは男性、女性に限らず、好印象を与えるための必須条件だと思う。清潔感が無い、というと男性を連想しがちだが、過去に清潔感に欠けた女性は何度か見たことがある。どことなく「みすぼらしい」という印象すら与えてしまう。会話の最中、鼻毛が思いっきり出ている女性がいた。相当な美人だっただけに、そのがっかり具合もハンパなかった。性格が悪く感じる、ということではないのだが、何となくだらしない印象を受けてしまう。たまに「不潔さ」をネタに自慢している女性がいる。話としては確かに面白い。その場もわくだろう。ただし、恋愛対象として発展していくのは難しいと思う。

不潔話の他に、露骨な下ネタも嫌がられる。30歳を越えたあたりからか、合コンで、過激な下ネタを話す女性が増えてきた。「隠すような年齢じゃないでしょ。」なんて笑いながら、半ばやけっぱちに話す女性の姿は、美しいとは思えない。異性の興味を引くにあたり、下ネタはリスクの大きい最終手段だと思う。また、そういうことを平気で話す女性には、当然ながらそういうこと目的の男性が寄っていく。ゴールがそこであれば有効な手段だと思うが、ちゃんとしたお付き合いに発展させようと思ったなら、過激な下ネタは止めるべきだと思う。

異性と話すのが苦手、という人は多い。僕も苦手だった。何を話したらいいのか分からないのだ。ただ、いろんな本を読み、自分なりに様々な経験を積み、究極の話し上手になる方法を見つけた。矛盾するようだが、それは究極の聞き上手になることである。

簡単なようで、とても難しい。性別関係なく、人は誰しも、自分のことを理解して欲しいと思っている。私の親友のある男は、この話の聞き方が実に上手い。モテモテである。単に聞いているだけではだめだという。相手が興味をもち、話している内容について、ある程度の知識が無いと、単にあいづちを打ち、聞き流すだけの作業になってしまう。これでは相手は積極的に話そうという気にならない。相手に何かを聞くにしても、「イエスかノーか」で答えられる質問は少なくしたほうが良い。相手が興味を持っている分野、内容に即座に対応し、話を引き出していくためには、膨大な知識量と勉強が必要だ。

私の周りにいるモテている人間を観察していると、いつも痛感するが、モテる人間にはそれなりに理由がある。単に外見だけでひきつけているのではない。逆にいうと、多少ルックスに自信が持てなくとも、聞き上手のスキルを上げていけば、モテるということだ。私も何人か思い当たる友達がいる。

合コンは大好きだ。異性と話すと、楽しいのはもちろん、刺激になるし、勉強にもなる。

(Uさん30代前半男性)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ニュース

  1. バンクーバー、トロント、ビクトリアはカナダでも有名な留学地。カナダは治安、交通の便も良く、過ごし…
  2. ヨーロッパで暮らしてみたい!という夢を叶えるのがヨーロッッパ留学、そしてワーキングホリデーです。ヨ…
  3. アカデミックな街でハーバー大学などの有名大学がある『ボストン』。メジャーリーグのボストンレッドソッ…
  4. ルワンダ共和国(ルワンダきょうわこく)、通称ルワンダは、中部アフリカに位置する小さな共和制国家であ…
  5. ブリスベンのあるクィーンズランド州ではボランティア人口がどんどん増加しています。州としては、近い将…

ランキング

ページ上部へ戻る