合コンで好印象な女性の「服選び」の方法とは?

合コンに行き、初めて異性と出会うときは、どんな異性と巡り合えるのかワクワクするものですが、その時の第一印象というのが、その後の合コンの流れを大きく左右させます。

第一印象を与えるのは初めの1回限りしかありませんので、「一発勝負」になるのですが、ここで印象を良くして、自分のポイントを上げておくためには服装に気を遣えるようにならなければいけません。でも、どんな服を着て合コンに行けば良いのか悩んでしまいますよね。合コンのある日が仕事の場合などでは、職場にオシャレな服装をしていくわけにもいかず、結局は通勤時の服装になってしまうことも多いので無いでしょうか。

ファッションや服装の好き嫌いは人によって違ってきますが、今まで経験してきた合コンの中で好印象だった女性の服装では、トップスは薄いピンクのカーディガンに、インナーはライトベージュのフレアカットソーで、ボトムはリボンスカートというのがすごく好印象でした。さりげなくトイレへ立ったときなどにチラっと見えるスカートのリボンはかわいくて好印象ですね。

服装の色使いとしては、ヴィヴィッドな色というよりはライトな色使いのファッションで、チラっと見えるぐらいの「隠れた部分のオシャレ」は、異性がその部分に気付いた時にすごく際立ってアピールできるポイントですね。合コン相手の服装の好みはわからないため、「あれっ?」っと引っかかるようなポイントを作ることで、自分に意識を惹きつけることもできますので、外見はそれほど目立ったところは無いけれど、「ふとした仕草」で魅せる服装というのはギャップも生まれるのでオススメです。

一方、合コンで印象の良くなかった女性の服装は、露出があまりに多い服装やヴィヴィッドな色を使いすぎて、目が疲れるような色合いの服装をしている女性です。「目立ちたい」という意識が丸見えで、服装に露出が多いと目のやり場に困ったり、服の色が明るすぎると服ばかりが目立って、女性のことがあまり目に入ってきません。

自分を際立たせるための服装のはずなのに、服が一番目立ってしまっては本末転倒ですね。

外国の言葉に、「You Never Get A Second Chance to Give a First Impression」という言葉があります。これは、「第一印象を与える二度目の機会は無い」という意味なのですが、第一印象で失敗すると、その後に悪い印象を挽回するのはかなり難しいと言えます。

他に好印象だった女性の服装の例としては、アデルワンピースに薄いベージュのカーディガンを着ている人もいて、顔立ちも綺麗な方で、服装とスタイルのバランスも取れていて、話をいろいろと聞いてみると「ジルスチュアート」が好きなようで、ほとんどジルスチュアートのものを着ているということでした。

服の好みなど、ファッションの話をしながらさりげなく服選びについて聞いてみると、ファッションブランドのWEBサイトには、あらかじめコーディネートされている服があるらしく、その中から良さそうな服を単品で購入しているということでした。

何を着るかより、まず「どのような服を買うのか?」という方向性が決まっていないと、着る服もバラバラでまとまりのない服装になってしまうんですね。好印象な服装をしている人は、やはりそれだけ服装についてポリシーとか基準を持っているんものなんだなと感じました。

自分の好きな服をいたずらに着合わせるのではなく、さまざまなファッションブランドの服装を研究して、自分の「基本となる服装のスタイル」を決めてから合コンの服装を選ぶことで、結果的に「まとまりのある好印象な服装」につなげていくことができます。

(Sさん30代前半男性)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ニュース

  1. バンクーバー、トロント、ビクトリアはカナダでも有名な留学地。カナダは治安、交通の便も良く、過ごし…
  2. ヨーロッパで暮らしてみたい!という夢を叶えるのがヨーロッッパ留学、そしてワーキングホリデーです。ヨ…
  3. アカデミックな街でハーバー大学などの有名大学がある『ボストン』。メジャーリーグのボストンレッドソッ…
  4. ルワンダ共和国(ルワンダきょうわこく)、通称ルワンダは、中部アフリカに位置する小さな共和制国家であ…
  5. ブリスベンのあるクィーンズランド州ではボランティア人口がどんどん増加しています。州としては、近い将…

ランキング

ページ上部へ戻る