【オーストラリアでワーキングホリデー】現地で働き、語学学校にも通った憧れの海外生活体験談

パース

私は専門学校卒業後、ワーキングホリデービザで約1年間オーストラリアに滞在しました。語学留学ではなくワーキングホリデービザを取得した理由は、海外で生活することに憧れを持っていたので、現地で働くこともでき、語学学校にも通うことができるビザで、自分次第、自由な形で生活できることに惹かれたからです。当時付き合っていた彼の影響で、洋画を頻繁に見るようになり、いつか字幕なしで映画を見たいと思うようになりました。

中学生並みの英語力でオーストラリアへ。短期間で上達するためとにかく外国人と会話

オーストラリアを選んだ理由は、以前1度訪れたことがある国だったからです。学生時から特に勉強もしてこなかったので、私の英語力は中学生並みだったと思います。まず落ち着いて語学を勉強するため、オーストラリアの西側にあるパースという街の語学学校に通いました。

入学日のレベル判断テストで、私は下から2番目のクラスに。同じクラスには日本、中国、韓国、台湾、スペインと様々な国の人と一緒に英語を勉強しました。
当然、授業も英語なので初めは戸惑いましたが、1ヶ月もすると授業にも慣れ、友達もでき、とても楽しい学生生活を送ることができました。

私が語学学校へ通ったのは3カ月間です。その間に少しでも英語をしゃべれるようになるため必死で勉強しました。学校には日本人も多く通っていましたが、短期間で上達するために、放課後もできるだけ外国の人と遊ぶようにしました。そのおかげで、3ヶ月後学校を卒業するときには、7クラス中4番目のクラスで学ぶことができるようになりました。

私が放課後遊んでいた友人達は、以前この語学学校に通っていた卒業生で、現在は地元の高校へ通っている人たちでした。なので、学校の宿題を見てもらったり、遊んでいる間、会話をするだけでもとても勉強になりました。

アルバイトで自分の語学力のなさにがっかりするも自分なりの英語上達法で乗り切る

卒業してから、しばらくはパースに滞在していましたが、その後、友人とオーストラリアのあらゆる街を自由に旅する生活を送りました。最後はメルボルンと言う街で落ち着き、そこでアルバイトを経験しました。アルバイト先は寿司屋でしたが、お店で日本人は私だけ。厨房には中国人のおばちゃんが2人とおじさんが1人働いており、お店のオーナーはベトナム人の若い男性でした。

そのお店はメルボルンの駅の近くのオフィス街にあったので、来るお客さんは周辺で働くオーストラリア人ばかりでした。数年前から日本食が流行っていたこともあり、お昼の時間帯はとても混み、人気のあるお店でした。

アルバイトをするようになってから自分の語学力のなさに何度もがっかりすることがありました。その日は悔しくて、当時住んでいたシェアハウスに帰ってから、今日言いたかったことや、うまく伝えられなかったことを自分なりに英文にし、次の日、お店のスタッフに教えてもらったり、常連のお客さんに教えてもらうこともありました。

私の英語上達法は、どんなに悔しくて、心が折れそうなことがあってもわからないことがあれば、自分ができる最大限の語学で解るまで聞くことだと思います。そして、なにより、海外で生活したことが自分の自信になりました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ニュース

  1. バンクーバー、トロント、ビクトリアはカナダでも有名な留学地。カナダは治安、交通の便も良く、過ごし…
  2. ヨーロッパで暮らしてみたい!という夢を叶えるのがヨーロッッパ留学、そしてワーキングホリデーです。ヨ…
  3. アカデミックな街でハーバー大学などの有名大学がある『ボストン』。メジャーリーグのボストンレッドソッ…
  4. ルワンダ共和国(ルワンダきょうわこく)、通称ルワンダは、中部アフリカに位置する小さな共和制国家であ…
  5. ブリスベンのあるクィーンズランド州ではボランティア人口がどんどん増加しています。州としては、近い将…

ランキング

ページ上部へ戻る