【大学生のケアンズ留学】自分の英語がどれくらい通用するか試すためにオーストラリアへ

語学留学の体験談

まず自身大学時代にオーストラリアのケアンズという都市に留学しておりました。大学生協の旅行を勧めるコーナーに置いていた海外留学のパンフレットから応募し、寮付きのJCU(ジェームスクックユニバーシティ)という学校の中にある語学センターのようなところに通っていました。

日本で通っていた大学が、英語の習得に力を入れている学校だったのである程度会話という面では自信があったんですが会話する相手が授業では日本人ばかりでどの程度自分の英語が使えるものかを知りたくて行くことを決断しました。

会話で重要なのは、相手が何を言おうとしているか考えること

私が留学中に通った学校は期待と異なり、アジア系とりわけ中国からの留学生が多く、欧米からの留学生は本当に数えるほどでした。学校に通うにつれ、日本人と海外の学生の違いを自分なりに実感するいい機会となりました。中国からの留学生、韓国からの留学生、タイからの留学生などいろいろな国の学生がいたのですが、国の特色というものを感じ取れ、そのことはとてもいい勉強になりました。

同じアジアからの留学生といっても日本人の英語の発音とは異なり、始めの方は何を相手が言っているのかわからなくて少し苦労しました。異国へ一人で足を踏み入れたので環境に適応するのも大変でしたし、たえず神経を使って生活をしていたので最初のうちは本当につかれていました。それも日が経つにつれ徐々に慣れていき、会話をする上で相手が何を言おうとしているかを考えながらやりとりをすることがいかに大切かを学ぶことができました。

時間に余裕がある大学生のうちに留学に行くのがおすすめ。

今の自分にどう繋がっているのかということはあまり考えたことがありませんが、仕事上海外からの観光客が話しかけてきても堂々と自分の英語で相手に伝えようとできるようになったのは留学のおかげではないかなと考えています。行く前には外国人が話しかけてきたら、おどおどして質問されないように身をかくしていたのですが、そういう癖はなくなりました。

そしてその当時同じ学校に通っていた日本人とも出会ういい機会となりました。日本人同士で固まるのは極力避けていたのですが、留学にわざわざ来る学生というのはある程度意識が高く、話をしているととても意識が高くお互いに刺激し合えるいい知り合いになりました。留学中に出会った日本人とは未だに連絡を取り合っていますし、若いころは感受性が高いので、未だに会うと当時のさまざまな話で盛り上がります。

年齢を重ねるにつれ、感受性は落ちていくのでやはり大学生という時間に余裕があって、いろいろなことを吸収できるときに行ってよかったなと思っております。自分の使ったプログラムは寮から通えるというのが一つ大きな魅力でした。個室を借り、寮内で海外からの留学生と交流したり、寮から一緒に学校に通ったり、ホームスティとは少し違ったいい経験ができるので自分には合っていました。

また寮では食堂でしっかり昼夜のご飯を用意してくれるので助かりました。ただ少し滞在費用は高く付きます。お金を用意できる人に限るというのがマイナス面でしょうか。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ニュース

  1. バンクーバー、トロント、ビクトリアはカナダでも有名な留学地。カナダは治安、交通の便も良く、過ごし…
  2. ヨーロッパで暮らしてみたい!という夢を叶えるのがヨーロッッパ留学、そしてワーキングホリデーです。ヨ…
  3. アカデミックな街でハーバー大学などの有名大学がある『ボストン』。メジャーリーグのボストンレッドソッ…
  4. ルワンダ共和国(ルワンダきょうわこく)、通称ルワンダは、中部アフリカに位置する小さな共和制国家であ…
  5. ブリスベンのあるクィーンズランド州ではボランティア人口がどんどん増加しています。州としては、近い将…

ランキング

ページ上部へ戻る