皆が楽しめる合コンをするためには

合コンのセッティングは幹事の腕の見せ所です。まずは異性に合コンを提案することが第一のステップです。その際に大事にしたいのが、声を掛ける異性の選定です。

合コンは出会いの場でありますし、素敵な異性と出会って楽しい会にしたいものです。そのためには、メンバー集めを積極的に行ってくれ、かつ連絡がスムーズに的確にとれるしっかりとした異性に声をかけるほうが良いと思います。まずメンバーが集まらないと開催できないし、日程や場所時間などの連絡がスムーズにいかないと企画事態が立ち消えしてしまう可能性だってあります。

私は一度、合コンの話を持ちかけた相手の男性がわりといい加減な人で、直前になってメンバーが集まらないと言われ、男性の人数のほうが少ないというしらけてしまう合コンをしたことがありました。男女比の不均衡とういう事態は、参加者のテンションが下がってしまいます。なので、メンバーをちゃんと集められる顔の広い相手を選ぶのが賢明でしょう。

お店選び

次にお店選びも大切になってきます。

どんな会にしたいかにもよりますが、やはり異性との出会いを大事にゆっくり話したいのであれば、落ち着いた雰囲気の個室のあるお店を選んだ方がよいでしょう。間違ってチェーン店の大衆居酒屋を選んでしまうと、隣のテーブルの仕事帰りの酔っ払いおやじグループにからまれたり、その他大勢の酔っ払いたちの大声にせっかくの自己紹介の声が消されてしまうという悲劇が発生してしまうことになるでしょう。

出会いよりも、ただワイワイ楽しくどんちゃん騒ぎたいという会にしたい場合はあえてそういったお店を選んでもよいかもしれません。でも合コンをセッティングする人の多くは出会いを一番の目的にしていると思うので、やはり落ち着いたお店をお勧めしたいです。

そして個室だと人目を気にすることもなく、邪魔されることもなく会話を楽しめるので個室を予約したいところです。男性が女性に好印象を持たれたいのであれば、おしゃれな雰囲気であり、カクテルやスイーツが充実しているお店を選べば幹事のセンスに喜ぶこと間違いなしです。あとはお店が駅から近いことです。

駅から遠いお店だと、お店まで歩いているうちにテンションが下がってしまうこともあります。幹事は合コンの前に一度お店の下見に行った方がよいかもしれません。

人数

その次に大切なのは人数です。

あまり多い人数だと合コンという短い時間の中では全員と話すことができないですし、お目当ての人がいても最後まで席が離れていて全く話せず終わってしまうことだってあるのです。

かといって2対2という少人数にしてしまうと、出会いの幅が限られてしまいます。理想は4対4くらいかと私は思います。選ぶお店によっては4人ずつにテーブルを分けられてしまうかもしれませんが、その時は席替えを1度するだけで全員と話せます。

私が今まで合コンをセッティングしてきて、一番良い比率だと思ったのがこの4対4です。だいたい一つ目のお店は2時間くらいだとして、ちょうどまんべんなく全員と話せるのがこの人数だと感じました。

一度10対10という大人数での合コンに参加したときは、とうとう最後まで遠くの席に座っている人の顔さえよく見えないという残念なことがありました。顔くらいはせめて確認したいので、全員の顔を見通せて端から端までが頑張らなくても声が届くくらいのほどよい人数がよいと思います。

最後に、合コンに誘う友人選びもよく考えたいものです。

合コンというのは初対面の男女が集まるところなので、人見知りの友人ばかり集めてしまうと幹事である自分が一人でがんばって会話を盛り上げなければならなくなります。そうなると自分は出会いよりも、盛り上げ役に徹して終わってしまうことになるのです。

かと言って全員が人見知りせず、よくしゃべるようなメンバーだと、相手の異性が引いてしまうかもしれません。バランスが大事なので、友人の中からよく厳選してメンバーをそろえた方がよいと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ニュース

  1. バンクーバー、トロント、ビクトリアはカナダでも有名な留学地。カナダは治安、交通の便も良く、過ごし…
  2. ヨーロッパで暮らしてみたい!という夢を叶えるのがヨーロッッパ留学、そしてワーキングホリデーです。ヨ…
  3. アカデミックな街でハーバー大学などの有名大学がある『ボストン』。メジャーリーグのボストンレッドソッ…
  4. ルワンダ共和国(ルワンダきょうわこく)、通称ルワンダは、中部アフリカに位置する小さな共和制国家であ…
  5. ブリスベンのあるクィーンズランド州ではボランティア人口がどんどん増加しています。州としては、近い将…

ランキング

ページ上部へ戻る