カナダ、トロントで幼児英語講師資格を取得。英語の教え方を知れた1ヶ月の語学留学

大学の夏休みにカナダへ

私が参加したのは「幼児に英語を教える講師のディプロマを取得する」という1カ月のコースでした。場所はカナダのトロント。バンクーバーでも同じコースがありましたが、トロントの方が日本人が少ないと聞きトロントを選びました。

たった1カ月ではありますが、大学時代、夏休みを利用して参加できること、ただ「英語を学ぶ」だけではなく、形になることが選んだ一番のきっかけです。滞在はホームステイでハウスメイトには日本人、韓国人、そしてトルコ人の女の子がいました。学校へは、バスと地下鉄を乗り継ぐ少し遠い道のりではありましたが、ハウスメイトたちが通う語学学校も同じエリアにあったので、みんなでバスと地下鉄で通いました。

先生が自分たちを子供だと思って授業の仕方をていねいに指導しくれました。

まずそのクラスはやはり日本人と韓国人が半々で、それ以外の学生はいませんでした。ほかのコースには他の国の学生もいたのだと思うのですが子供に英語を教えるその資格が生きるのは韓国や日本の比較的英語を学ぶ年齢が高い国なのかもしれません。授業で面白いのは、先生は、「どの様に子供に教えるか」を教えるのではなく、実際の授業を私たちが子供だと思ってやってみせてくださること。

何か課題を与えられ、時間を与えらえ話し合いをしていると突然部屋が真っ暗に。みんな驚いて一気にシーンとなると、「ほら、あなたたちがいま黙った様に、子供たちも同じくこうやったら黙るのよ」と示してくださったり、歌を歌ったり踊ったり、学んでいるのだけれど、自分自身とても楽しく過ごすことができました。授業やテキストはすべて英語、もちろんクラスでは母国語禁止で、日本人通しでも英語で話します。模擬授業の日には、韓国人の生徒が、韓国の子供の歌をおしえてくれたり(英語で)飴や消しゴムを景品にゲームをしたりしました。大人の私たちで楽しめるので、子供たちも十分楽しめることはみをもって体験しました。

ボランティアも良い経験になりました

放課後は、それぞれ幼稚園がふりわけられ、そこでのボランティアに行きます。ボランティア兼子供たちを相手に実際に自分たちが考えたゲームをしたり、という機会でもあります。この資格は「英語を母国語としない子供たち」に教えるものなので、実際には母国語が英語の子供たちと接するのはただのボランティアにはなるのですが、教育方針の違いを見るいい機会でもありました。

先生たちは子供が言うことを聞かないと容赦なく叱り、ばつとして校庭の端にたたせておいたりもします。1カ月のコースを修了すると、ディプロマを取得し、また学校からの推薦状ももらえました。私は実際には使用することはありませんでしたが(就職活動などで)履歴書に記載もできる立派な資格兼経験となります。ただ語学学校で文法などを学ぶだけより、目標となるものがありそれを英語で学ぶというとてもいい経験になりました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ニュース

  1. バンクーバー、トロント、ビクトリアはカナダでも有名な留学地。カナダは治安、交通の便も良く、過ごし…
  2. ヨーロッパで暮らしてみたい!という夢を叶えるのがヨーロッッパ留学、そしてワーキングホリデーです。ヨ…
  3. アカデミックな街でハーバー大学などの有名大学がある『ボストン』。メジャーリーグのボストンレッドソッ…
  4. ルワンダ共和国(ルワンダきょうわこく)、通称ルワンダは、中部アフリカに位置する小さな共和制国家であ…
  5. ブリスベンのあるクィーンズランド州ではボランティア人口がどんどん増加しています。州としては、近い将…

ランキング

ページ上部へ戻る