【語学留学の準備】エージェント探しは費用、留学後の生活にも関係してます

留学エージェント探しの苦労

カナダのバンクーバーに語学留学に行きました。カナダに行くことはすぐに決まりましたが、バンクーバーを選んだのは、ただ海外の国内線乗り継ぎの自信がなかったので、直行便が出ているバンクーバーを当時は安易に選びました。

バンクーバーは、世界の人気の留学地の中でも語学学校が多いことで知られており、バンクーバー市内には大小合わせて200校近くの語学学校があります。まず、その中から自分の希望に合う学校を選ばなければなりません。

エージェントに直接行くことも考えましたが、全く知識がないままでエージェントに行ってもカウンセラーの営業トークに流されるような気がしたので、集められるだけの資料を自分で集めることにしました。

自分が学びたい語学学校の条件を整理

当時、英語は全くわからなかったので、日本語訳が出ている語学学校や、日本語で案内が別サイトで出ている学校の情報を隅から隅まで読みました。

カナダの語学学校の情報はたくさんのサイトが情報を出しているので、一つのサイトだけではなく、同じ学校の情報も3~4つのサイトの情報を確認しました。

最初は、よく分からなかったのですが、学校の情報を読み進めていくうちに、自分はどんな学校で学びたいのかだんだん明確になっていきました。

私が出した学びたい学校の条件は、「日本人が少ない・少人数制・レベル分けが細かい・スパルタ方式」の4点でした。この4つの条件を満たしている学校を探していくと、5~6校該当する語学学校を見つけました。

語学学校の入学申し込みなどは自力で行うことも可能ですが、英語も全くわからず、海外のこともなにも分からなかったので、エージェントに頼むことにしました。

エージェント探しは現地についてからの満足度に影響

次は、エージェント探しです。エージェントによって同じ条件でも50万円以上の差があります。ネームバリューなどにこだわらず、ネットでありとあらゆるエージェントについて調べ、地元を中心に5~6か所のエージェントに説明を聞きに行きました。

エージェントは、超有名なエージェントから家族経営している小さなエージェントまでさまざまでした。その結果、自宅から電車で2時間以上離れている家族経営の小さなエージェントで手続きをしてもらうことにしました。

学校を探し、代行してくれる自分に合ったエージェントを探して手続きを取るまでが一苦労でした。バンクーバーで何人もエージェントに勧められる語学学校に言われるがままの期間を申し込み、現地で不平不満をもらしている日本人とたくさん出会いました。

しかし、私は、自分で探したおかげで、希望とマッチする語学学校で有意義な勉強をすることができたので、苦労して頑張ったかいがあったなと思っています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ニュース

  1. バンクーバー、トロント、ビクトリアはカナダでも有名な留学地。カナダは治安、交通の便も良く、過ごし…
  2. ヨーロッパで暮らしてみたい!という夢を叶えるのがヨーロッッパ留学、そしてワーキングホリデーです。ヨ…
  3. アカデミックな街でハーバー大学などの有名大学がある『ボストン』。メジャーリーグのボストンレッドソッ…
  4. ルワンダ共和国(ルワンダきょうわこく)、通称ルワンダは、中部アフリカに位置する小さな共和制国家であ…
  5. ブリスベンのあるクィーンズランド州ではボランティア人口がどんどん増加しています。州としては、近い将…

ランキング

ページ上部へ戻る