好感度の高い男性の服装はスーツかジャケパン

お見合いパーティーの経験は一度だけですが、異業種交流やコンパでも好感度の高い男性の服装は、やはりスーツやジャケット+パンツではないかと思います。もちろん誰もがスーツを着て働いているわけではありませんし、社会人でも着慣れない方はいらっしゃるでしょう。

それでも社会人男性だからこそ着こなせるものですし(着慣れない方も試しに着てみてください!何度も着ているリクルーターなんかより、同じスーツを着ても絶対かっこいいから)、おそらく初めてお見合いパーティーに行く時には多少緊張するでしょうが、「間違いない」服装でいる方が余計な心配もせず臨めるのではないでしょうか。

男性より女性の方が、すぐに異性の服装に「やり過ぎ」と感じます。ストライクゾーンが狭いんですね。スーツに合わせるのは、カラーシャツにしたり、ネクタイやタイピンを吟味してみたりする程度に抑えておいた方が無難かと思います。

個人的にはカフスに凝る人はお洒落ですが、案外「洒落者」を望まない女性も多いです。ナルシストみたいに思ったり、こちらの服装への注文も多そうだと思うのでしょうね。元職業柄(営業系でした)多くのスーツ姿の男女にお会いしましたが、ショールームスタッフの女性達なんかは意外なほど足元に注目しています。

例えば、お洒落に気を遣う今時な外資系営業マンが、毎回ロングノーズの靴を履いていたのですが、彼のことを「あの靴とんがってる系の」と説明していたり。ロングノーズの靴も少しやり過ぎなお洒落として受けが悪いのかも知れません。女性のヒールの高いミュールみたいなものでしょうか?異性から見れば「機能的でもないし、何処が良いのだろう?」的な。

もし「お見合いパーティーで靴なんてそんなに見ないんじゃ?」と思っている男性がいたら、その考えは出来れば捨ててやってください。大抵のお見合いパーティーでは、フリートークの時間があります。立っている時間も結構長いと思っておいてください。

カジュアルなパーティーなら、スーツだと堅く見えるかも知れませんね。しかしあまりラフにするとただの休日モードですし、ハズして浮くのは避けたいところ。女性が似たような服装でパーティーに参加するのは、好印象だと確信しているからでもありますが、「浮くのが嫌だから」でもあります。

そんな女性が浮いている男性を選ぶわけがないのです。

そこで提案したいのが、ジャケット+パンツの組み合わせ。素材や色で季節感やカジュアル度を調節出来るのが魅力ですね。

夏ならコットンや麻の入ったベージュのジャケットにネイビーのパンツなんかがすっきり見えそうです。但し、麻はシワになりやすいので、もし車で行く場合は運転中は脱いでいた方が良いと思います。シートベルトで肩のところがシワシワ…なんてもったいないですから。

さて、理想的な服装を書きましたが、私が実際に見た残念だった服装も書いておきます。

  • 若いのに服に合わないセカンドバッグ(MCMの)
  • ベルトループ謎のチェーン(ウォレットチェーンにしては長過ぎ。縄跳び出来そうなのをぐるぐる巻き)
  • オシャレすぎ(ジローラモさん的な路線の)
  • 上はスーツ、下はハーフパンツ(勝俣さんよりコナン君に近い)
  • 普段着(アバクロのパーカーにジーンズ)
  • 素敵スーツなのに赤いウエストポーチ(変というより不可解)
  • 黒ずくめ(黒の夏物ジャケットの下は黒のタートルネック、黒いレザーのパンツという不思議な季節感)
  • 黒ずくめ2(悪くないのかもしれませんが、髪型や話し方まで「相棒」の尊コスプレ)

まあこんな人はそうそういないと思われるでしょうが、一度のパーティーでこれだけいたあたり、なかなかです…。

理想の服装全体に話を戻します。客観的にイメージしてください。

なかなかいい感じの女性。華美ではない、しかし女性らしいワンピース姿。彼女は無事にカップルが成立し、男性のエスコートで退場します(成立したカップルは本当にこんな演出で、みんなの注目する中で退場していました…)。

エスコートするのは所謂好青年。

さて、彼はどんな服装でしょうか?

「無難なスーツ、新しいネクタイでこっそりと通勤より気合いを入れてみた」は、そのイメージから逸脱しないと思うのですが、如何でしょう?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ニュース

  1. バンクーバー、トロント、ビクトリアはカナダでも有名な留学地。カナダは治安、交通の便も良く、過ごし…
  2. ヨーロッパで暮らしてみたい!という夢を叶えるのがヨーロッッパ留学、そしてワーキングホリデーです。ヨ…
  3. アカデミックな街でハーバー大学などの有名大学がある『ボストン』。メジャーリーグのボストンレッドソッ…
  4. ルワンダ共和国(ルワンダきょうわこく)、通称ルワンダは、中部アフリカに位置する小さな共和制国家であ…
  5. ブリスベンのあるクィーンズランド州ではボランティア人口がどんどん増加しています。州としては、近い将…

ランキング

ページ上部へ戻る