服装を征する者はお見合い・婚活パーティーを征す

お見合い・婚活パーティーが盛んに行われている今日、イケメンなのに何故か毎回結果を残せないとお悩みの男性は少なくないでしょう。逆に特にイケメンではなくとも、会場で女性に常に話し掛けられていたり、カップル成立率が異様に高い男性が存在するのも確かです。その違いは一体何なんでしょうか。ここで、ファッションと云う身近なテーマからそのからくりについて説明していこうと思います。

まず、男性もケバい格好や露出の多い女性を本能的に避ける様に、女性もまた、だらしなく胸がはだけた服装や、ホストの様な格好の男性に対しては「遊んでそう」「お金の使い方が荒そう」等、警戒心を抱きます。このようなファッションは、結婚を意識した出逢いの場ではNGです。その他、服装のコードが無い場合でもカジュアルすぎるファッションには気を付けましょう。ジーパンやシャツと云ったスタイルは親しみ易さを与える事は出来ますが、お見合い・婚活パーティーではやはり幼い印象を相手に残してしまいます。どうしてもカジュアルな服装を取り入れたい場合は、ジャケットを羽織る、ちょっと高価な革靴を履くなど、ワンポイントだけでもきっちりした要素を取り入れましょう。それだけで、随分垢抜けた印象を与えることが出来ます。

次に疎かにしてはならないのはやはり「清潔感」です。例えば、どんなに美人でも、しわくちゃのアイロンが掛かっていない様なシャツを着ていたり、靴が汚れていたりしたらどんな印象を受けますか。その人の魅力は半減してしまうでしょう。男性もやはり、最低限のマナーとして、アイロンの掛かったシャツや皺の無いスーツ、磨き上げた靴を身に付ける様にしましょう。そして、自分のサイズに合った服を必ず選ぶ様にしましょう。大き過ぎる服や逆に小さ過ぎる服は周囲にどこか滑稽な印象を与えてしまいます。これらに気を配るだけで、随分爽やかな印象を女性に与えることが出来るでしょう。

また、流行に飛び付く必要はありません。ただし、靴やベルトなどの小物類は案外目につきやすい場所です。出来ればちょっと高めで上質なものを選ぶ様にしましょう。そうすると、いつもの服装も一気にランクアップして見えます。

そして恐ろしい落とし穴が自分の思い込みです。年齢や体型が変化すると、自ずと似合う格好や色も変わってきます。いつまでも同じ様な格好をしていると、知らず知らずにその服装や色が似合わなくなっていた、と云うこともあります。そして、厄介な事にこれは本人だけでは気付きにくいものです。出来れば定期的に異性の友人に服装について聞いてみたり、服屋へ行って、客観的なアドバイスを貰う様に心掛けましょう。あなたの気付かなかった一面に出会うこと、受け合いです。

最後に上級者編として、小物の効果的な使い方についてお話しましょう。いつも、モノトーンやアースカラーを好んで着る男性はワンポイントとして、どこかに鮮やかな色を持ってくるようにしましょう。シャツの色を思い切ってピンクなどの暖色系にしてみたり、ネクタイの一部に鮮やかな赤を入れたりすると、効果的にお洒落な印象を与える事が出来ます。また、上着のポケットから色味のあるハンカチーフを覗かせるなど、上半身に色味を持ってくると一気に華やかさがアップします。カジュアルを好む人はストールを活用するのもありでしょう。特に暖色系は顔色を明るく見せる効果もあります。

以上、幾つかお見合い・婚活パーティーでの服装についてお話しましたが、参考になりましたか?ファッションはその人を表していると言っても過言ではありません。女性も、無意識に相手の服装から多くの情報を読み取っています。これらのことに配慮し、あなたが素敵な女性に出逢い、仕事もプライベートも充実した日々を遅れる様、ご健闘をお祈りします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ニュース

  1. バンクーバー、トロント、ビクトリアはカナダでも有名な留学地。カナダは治安、交通の便も良く、過ごし…
  2. ヨーロッパで暮らしてみたい!という夢を叶えるのがヨーロッッパ留学、そしてワーキングホリデーです。ヨ…
  3. アカデミックな街でハーバー大学などの有名大学がある『ボストン』。メジャーリーグのボストンレッドソッ…
  4. ルワンダ共和国(ルワンダきょうわこく)、通称ルワンダは、中部アフリカに位置する小さな共和制国家であ…
  5. ブリスベンのあるクィーンズランド州ではボランティア人口がどんどん増加しています。州としては、近い将…

ランキング

ページ上部へ戻る