服装を通して女性がみているもの

初めてお会いする方が多いお見合いや結活パーティーでは、お顔だけでなく、服装によって第一印象が決まります。第一印象ががなんとなく暗かったり、小汚く感じたり、妙に派手だったりすると、内面で勝負をする前に要らぬ先入観をもたれてしまいます。逆にその印象が明るかったり、清潔感があったり、センスがよければ、思いがけず良いスタートを切る事ができるかもしれません。せっかくの出会いのチャンスでしっかりと相手と向き合うために、まずは最低限大事にすべきことを考えていきたいと思います。

既にお分かりだと思いますが、女性は不潔な男性が苦手です。どんなにセンスが良くても、シャツが黄ばんでいたり、肩にふけが落ちていたり、袖口が汚れていたりする男性にはどうしても近付き難くなってしまいます。服装について考える前に基本中の基本ですが、身体を清潔に保ち、とくに女性に会う前には洗顔洗髪、そしてオーラルケアを抜かりなく行うことを徹底してください。それくらいは当たり前だと思われるかもしれませんが、普段より意識して行うことが重要です。こうすることで自分自身の自信にも繋がる大切な準備に繋がるのです。

いよいよ服装についてです。以外と知られていませんが、男性に比べ女性は異性の顔立ちを気にしません。むしろ、服装や態度からにじみ出る雰囲気を大切にする女性がほとんどといっても過言ではありません。ショーやライブに来ている訳ではありませんし、女性は現実的ですから、ジャニーズばりの美男子を現実世界に求めようとは思いません。少なくともお見合いや結活パーティでは自分と合う方を求めて真剣にその雰囲気を持つ男性を探しているはずです。ただ、初対面で全貌を知るのは難しいですから、その時に指標になりやすいのが服装だと言えるでしょう。

ずばり、自分が好きな服装を軸に考えて行きましょう。やり過ぎはいけませんが、自分の好きな格好をしていると自然体でいられるものですよね。逆に印象を良くするために無理に着慣れない服装をすると立ち振る舞いまで不自然になってしまうことが多いのです。例えばスーツ姿を好む女性は多いですが、普段スーツを着ない方のぎこちなさはなんとなく伝わってしまいますし、仮に初対面では成功しても、その後まもなくギャップが露呈してしまうでしょう。ですので最初はインパクトでとにかく女性をとにかく引きつけたい!と思われる方以外には自然体でいられる自分らしい格好をお勧めしたいと思います。

自分らしいといっても、前述した清潔感は失ってはいけません。せっかく自分自信は清潔にした訳ですから、服を着てもその印象は残したいものです。また、決まっている会場に合わせた服装をするのも大切なポイントです。場違いな服装はマナー違反だととらえる女性が多いからです。例えば普段Tシャツにジーパンだという人がいくら自分らしい格好だからといって、料亭やホテルでは着古したTシャツを着てきてはNGです。スーツではなくても、衿のあるトップスを選んだり、ジャケットを上に羽織るなどのちょっとした工夫できちんとした印象をつくる事ができます。ここでもあえて無理な格好はお勧めしませんが、その人なりの努力はするべきです。

女性は男性の印象を直感と総合力の双方で判断します。清潔感や場に合った格好で周囲への配慮を、自分らしい格好で自然体で接しながら同時に個性をアピールしましょう。服装のこととなると、「どうしたらかっこよくなるか」を考えてしまいがちですが、女性が見ているのは服装を通り越した部分にこそあります。出会いの機会に限らず、前述の方法で女性と接していればきっと素敵な出会いの機会も増える事でしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ニュース

  1. バンクーバー、トロント、ビクトリアはカナダでも有名な留学地。カナダは治安、交通の便も良く、過ごし…
  2. ヨーロッパで暮らしてみたい!という夢を叶えるのがヨーロッッパ留学、そしてワーキングホリデーです。ヨ…
  3. アカデミックな街でハーバー大学などの有名大学がある『ボストン』。メジャーリーグのボストンレッドソッ…
  4. ルワンダ共和国(ルワンダきょうわこく)、通称ルワンダは、中部アフリカに位置する小さな共和制国家であ…
  5. ブリスベンのあるクィーンズランド州ではボランティア人口がどんどん増加しています。州としては、近い将…

ランキング

ページ上部へ戻る