お見合いや婚活パーティーでの服装

わたしの親戚が2年前にお見合いをしました。相手の女性は、高学歴で容姿端麗な方だったようです。バリバリのキャリアウーマンのようで、仕事に没頭している女性。私の親戚も、高学歴の銀行員。入社6年目に入り、そろそろ伴侶がほしいところ。お互いの母親同士の知り合いの知り合いという近いような遠い場所からお見合い話はありました。お見合いは、母親から経由して話が進んでいきました。

私が親戚に遊びにいったときに、お母さんがお見合い写真をみせてくれました。ドラマでみるような仕事できるタイプの女性でした。白のスーツでしっかりきめている写真。思わず、頭良さそうな方ですね〜と言葉をもらしてしまうほどでした。

それから何ヶ月かすぎ、その間に無事、お見合いも終わったようです。親戚の家に遊びに行った時に、早速、お母さんからお見合いであったことの報告を受けました。お母さんはお見合い前から、娘さんにあったことがあったたようで、お見合い当日も、いい子だったわ〜と話していました。しかし、それ以降発展は今のところないようです。あの子がうちのお嫁さんだったらなーと、お母さんは希望を込めて何度も私に言っていました。

異性ということと、けっこう年下ということもあって、親戚のはとこの息子くんとはあまり話さないのですが、私の弟と仲が良いので、その後どうなったのか探りをいれてもらうよう頼みました。

後日、弟から詳しくお見合いのことを聞いたところ、はとこは「服装が怖かった」と話していたそうです。仕事モードな服装でビシッとスーツ姿で現れた彼女をみて、家庭を持つという感覚が終始もてなかったようです。二人で話している最中も仕事のことが中心で、この方は結婚よりも仕事をしているほうが今は幸せなのではないかと、第一印象で思ってしまい、その先はないと断言していたそうです。娘さんのお母さんの服装の方が可愛らしくて、年齢にしては鮮やかなレモン色のワンピースを着ていたようで、娘さんとお母さんの服装が逆じゃないかと思ったと言っていたそうです。

そこで私が感じたことは、初めて会う相手、ましてや異性ともなると。いかに第一印象が大切なものなのかということです。そして、服装が第一印象のひとつの決め手になるということです。初めは相手の表情に目がいくと思いますが、やはり服装も表情と同じ位、目に入りやすいと思います。一般的には、女性の服装は今回のようにスーツでも仕事を感じさせるスーツではなく、女性らしさを生かせるような、少し華やかさをプラスしたスーツのほうがより印象がよかったのではないかと思いました。結婚式に出席するような服装ですと、逆にやりすぎ行為のような気もしますので、初めてのデートにいく時のような感覚を持てれば、服装が決まっていくのかなと思います。

お見合いパーティーは、色々な種類があると思うので、その会場にあった服装をきていくのがベストだと思います。居酒屋さん貸切のお見合いパーティーで、パーティー用のドレスをきて行くと、かなりういてしまうだろうし、逆にホテルの会場で開催されるお見合いパーティーはドレスをきていったほうがいいし。

私自身、一度婚活パーティーにいったことがあります。当日、急に誘われたパターンだったので、いわゆる普段着で参加。やはり、少し浮いてました。周りの女性は気合いが入っている人だらけ。髪のセットアップを美容院でした方もいました。今から結婚式に出席できるくらいバッチリ決めている女性が多く、やはりそういう女性の周りには、わりと多くの男性が集まっていました。やはり、服装は重要だなと肩身狭い思いで、その場にいました。

その点、男性はスーツがあれば、たいていどんな場所でも乗り切れるし、服装で印象が大きく変わることはないので楽だなと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ニュース

  1. バンクーバー、トロント、ビクトリアはカナダでも有名な留学地。カナダは治安、交通の便も良く、過ごし…
  2. ヨーロッパで暮らしてみたい!という夢を叶えるのがヨーロッッパ留学、そしてワーキングホリデーです。ヨ…
  3. アカデミックな街でハーバー大学などの有名大学がある『ボストン』。メジャーリーグのボストンレッドソッ…
  4. ルワンダ共和国(ルワンダきょうわこく)、通称ルワンダは、中部アフリカに位置する小さな共和制国家であ…
  5. ブリスベンのあるクィーンズランド州ではボランティア人口がどんどん増加しています。州としては、近い将…

ランキング

ページ上部へ戻る