私の経験した残念なお見合いパーティー

婚活をしている女性にとってお見合いパーティーは、出会いを求める手っ取り早い場所だと思います。しかし私が何度もお見合いパーティーに参加した結果、手っ取り早く得られるのはあくまでも「出会い」であって「結婚相手」ではないと思いました。

お見合いパーティーでカップルになれたからといって交際に至るとは限りませんし、かといってカップルにならなくてもその時に連絡交換した相手と交際したこともあります。「出会い」を生かすも殺すも自分次第だし、プラス運やタイミングは必要です。3回ほど単純に番号を書き間違えて、お目当ての相手とは違う人とカップルになってしまったこともありました。

以前カップルになった相手と違うパーティーで出くわしたこともあります。いろんな経験をした私が参加したお見合いパーティーの中で、残念な内容だったものを紹介したいと思います。

まずはヤングでただ恋人がほしい、遊び相手がほしいという参加者が多かったパーティー。このパーティーは女性の参加費1000円以下で男女共に参加条件が年齢のみでした。しかも年齢層が若く平均的に20代前半から後半の人が多かったです。そのパーティーで大人気のかわいい若い女の子が私の隣の席に座っていました。

フリータイムの席替えではどの男性もそのかわいい女の子の前の席を狙って押し寄せてきます。その席取り合戦に敗れた男性が、仕方なく私の前に座ります。そう、わかっています。5分後に行われる次の席替えタイムの為には私の前の席が一番良いポジショニングなのです。

悲しいかな、三十路手前の地味顔の私の席はかわいこちゃんの席取り合戦に利用されてしまったというわけです。お見合いパーティーでの第一印象はやはり顔が大事になってくるので、かわいい女の子の隣の席になってしまうとこういった悲劇が起こるということを知りました。こればかりはその日の運にまかせるしかありませんが。

次は常連ばかりが集まるパーティーです。初めて参加する会社のパーティ—だったのですが、男性参加者がパーティーのスタッフと顔見知りの人が多くどうやら毎回参加している人が多いようだったのです。女性の中にも常連の人がいて、常連男性と「また会ったね」なんて会話しているので驚きました。

参加者の人数が足りずにさくらを呼んだのかもしれませんが、始まる前にそんな内情を知ってしまうとなんだか冷めてしまいました。そんな会社のパーティーは毎回常連ばかり参加しているのかと思ってしまうし、出会いがなさそうなので1回きりでおわりました。

次に印象に残っているお見合いパーティーは、男性の平均年齢の高すぎるパーティーです。参加条件は女性25歳から39歳、男性28歳から50歳という内容だったのですが、蓋を開けてみると女性の平均年齢20代後半、男性平均年齢40歳でした。しかも実際の年齢より外見が老けて見える男性が多く、参加女性の多くは女性が席を移動するフリータイムでは誰を選ぶこともできずに席替えタイムの間、立ち往生していました。

そうしているうちに席替えタイムの時間制限間際になると、パーティーのスタッフがあわてて無理やり女性の肩をつかんで男性の前に誘導し座らせるという事態が発生しました。私も無理やり肩をつかまれ座らされた席の相手は、45歳で清潔感のかけらもなく上から目線でものを言う男性でした。

それに当時の私は20代前半。45歳のその男性との話題のギャップもありましたし年齢差を感じてしまいました。やはり年齢のつり合いというのは大切だと思います。

こんな風に私が参加したパーティーはマイナス面が多かったのですが、身近な友人でパーティーで出会って結婚した人もいます。
ですので運と縁があれば結婚相手に出会える場所なので、まずは参加することが結婚への第一歩だと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ニュース

  1. バンクーバー、トロント、ビクトリアはカナダでも有名な留学地。カナダは治安、交通の便も良く、過ごし…
  2. ヨーロッパで暮らしてみたい!という夢を叶えるのがヨーロッッパ留学、そしてワーキングホリデーです。ヨ…
  3. アカデミックな街でハーバー大学などの有名大学がある『ボストン』。メジャーリーグのボストンレッドソッ…
  4. ルワンダ共和国(ルワンダきょうわこく)、通称ルワンダは、中部アフリカに位置する小さな共和制国家であ…
  5. ブリスベンのあるクィーンズランド州ではボランティア人口がどんどん増加しています。州としては、近い将…

ランキング

ページ上部へ戻る