【留学の不安】留学のお金の問題はワーキングホリデーで解決できる

ワーキングホリデー

お金の問題はワーキングホリデーで解決

留学を検討しているがなかなか一歩踏み出せない、そんな理由のひとつとしてお金の問題があります。

先立つものがなければ、留学したいと思う気持ちがあってもできません。

かといって、すぐに留学できるほどの大金は持っていません。

そんなときには、ワーキングホリデーという選択肢があります。

通常の留学をする場合、アルバイトなどは厳しく制限をされてしまいます。

しかしワーキングホリデーでしたら、そのような制限もあまりありません。

現地で働いてお金を稼げば、現地での生活費の足しくらいにはなるでしょう。

しかし、ここで注意をしなければならないことがあります。

ワーキングホリデーを実施している国は、まだまだ限られているということです。

by Rさん

30歳のとき悩んだこと

今から12年前の30歳の時、大手旅行会社が主催する「ワーキングホリデー」の説明会に参加したことがあります。その当時で100万円の資金が必要だったのですが、説明会の担当者の女性が言われたマイナス面の発言で思いとどまってしまいました。彼女が言った言葉「ワーキングホリデーを現実逃避の手段にしないでくださいね。

今、ここ(日本に)いるのが嫌だから海外に行こうと言う考えなら(留学は)止めて下さい」と言う意見と「実際にワーキングホリデーで留学しても平日はバイト先と語学学校に行った後は、土日は無駄なお金を使いたくないからと家に閉じこもって炊事や洗濯をして家に閉じこもっている方もいます。そして、同じ日本人同士でつるんで会話ばかりしているので語学スキルがちっとも上がらない。日本に居るのと変わらない」と言う意見を聞き、止めました。100万円が「無駄」になるのも勿体なかったし、一番私の心に刺さったのは「留学を現実逃避の手段にするな」と言う意見でした。

やはり、思い切って若いときに「今しかない」と思っている方々にはマイナスな発言は極力避けるべきであると私は思います。ただでさえ、不安な留学で事前に色々言われてしまっては出鼻がくじかれますから。

留学するに当たって「語学が何割増しかでうまくなった」「グローバルな視点が身に付いた」「日本では味わうことの出来ない自分で考えると言う習慣が身に付いた」等、良いことを言って背中を押して欲しいのではないでしょうか。

by Yさん

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ニュース

  1. バンクーバー、トロント、ビクトリアはカナダでも有名な留学地。カナダは治安、交通の便も良く、過ごし…
  2. ヨーロッパで暮らしてみたい!という夢を叶えるのがヨーロッッパ留学、そしてワーキングホリデーです。ヨ…
  3. アカデミックな街でハーバー大学などの有名大学がある『ボストン』。メジャーリーグのボストンレッドソッ…
  4. ルワンダ共和国(ルワンダきょうわこく)、通称ルワンダは、中部アフリカに位置する小さな共和制国家であ…
  5. ブリスベンのあるクィーンズランド州ではボランティア人口がどんどん増加しています。州としては、近い将…

ランキング

ページ上部へ戻る