【社会人が語る大学生留学のススメ】大学生に戻れるなら借金をしても留学する

学生時代・留学

資金不足で大学生の頃に留学できず。一番のメリットはビジネスに必要な国際感覚

大学生の頃には、留学に憧れた時期がありました。しかし、当時は貧しい中で大学に通わせて貰い、資金的に留学など夢のまた夢でした。

しかし、学生時代に戻れるなら、借金をしてでもアメリカに留学したいと思います。会社の仕事の関係で、アメリカ、イギリス、ドイツ、スウエーデン、アジアの数カ国に出張した事がありますが、やはりアメリカは大国であり、エキサイティングな国だと思います。

こうした国で、1年でも留学して生活すれば、語学が堪能になるだけではなく、後々ビジネスにも役立つ国際感覚を身につける事ができると思います。アメリカは人種のルツボと言われるほどで、様々な背景を持った人々の考え方に接する事で、考え方の多様性に触れる事ができ、それはビジネスマンとして世界を相手に仕事をする上で貴重な経験になると思います。

ヨーロッパの落ち着いた雰囲気も良いですが、刺激を得る留学は、やはりアメリカが最適だと思います。

by Rさん

社会人となった今でも留学するのは厳しい

高校を卒業してすぐに働き始めたので、周りにいる友人が大学に通っていたり、短期留学をしに海外に行ったりするのを羨ましく思っていました。

私も大学生になって留学できていたとしたら、オーストラリアに行ってみたかったです。アメリカにも行ってみたいですが、アメリカは治安が悪そうなので不安です。

オーストラリアの人はおおらかで優しいと聞いたことがあるので、ホームステイするとしても安心感があります。貯金がたくさんあって長期の休みが取れるなら、社会人でも短期留学することができますが、そんな人は少ないと思います。

私の場合は仕事を辞めたとしても、金銭面でかなり負担があると思うので、留学できそうにありません。学生のうちに留学できる人がとても羨ましいです。

by Oさん

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ニュース

  1. バンクーバー、トロント、ビクトリアはカナダでも有名な留学地。カナダは治安、交通の便も良く、過ごし…
  2. ヨーロッパで暮らしてみたい!という夢を叶えるのがヨーロッッパ留学、そしてワーキングホリデーです。ヨ…
  3. アカデミックな街でハーバー大学などの有名大学がある『ボストン』。メジャーリーグのボストンレッドソッ…
  4. ルワンダ共和国(ルワンダきょうわこく)、通称ルワンダは、中部アフリカに位置する小さな共和制国家であ…
  5. ブリスベンのあるクィーンズランド州ではボランティア人口がどんどん増加しています。州としては、近い将…

ランキング

ページ上部へ戻る