【海外ボランティア】タイのボランティア・スタディツアーを実施しているNPO法人

アジアでも指折りの親日国といわれるタイですが、 日系企業も多く進出しており、日本人にとっても最もなじみのある国の一つです。タイは世界でも有数の農業国家としても知られており、都市部の発展が著しい国です。

しかしながら、 国の発展とともに急速に豊かになりつつある都市部との 貧富の差が、日増しに深刻なものになっています。一方、収穫・脱穀後に残るワラなどが 大量に燃やされることによる、 環境汚染も深刻になっています。

特にバンコク周辺では近年環境問題が深刻になりつつあります。その理由に工業技術が急激に進歩しつつある過程での大気汚染、水資源環境の悪化、人口密度の増加があげられます。 そんなタイでのボランティア・スタディツアーを実施しているNPO法人をとその活動内容をいくつか紹介します。

タイのボランティア www.cecj.net

C.A.N.H.E.L.P. Thailand

http://www.canhelp.npo-jp.net

キャンヘルプタイランドはタイの貧困地域の子供たちへの教育環境を改善しようと援助を続けている民間で非営利のボランティア組織(NGO)です。タイのなかでも特に貧しいとされるイサーン地域(東北部)を中心とする 15県の初等中等教育機関に対して奨学金の給付、学校給食、自給自足化への支援、学校諸施設の改善といった支援活動を続けています。

C.A.N.H.E.L.Pのボランティア会員になり、総会の議決権と、セミナーや勉強会、報告会、懇親会などの活動にも参加できます。

タイボランティアセンター

http://www.thaivolunteer.com/

タイボランティアセンターは、タイの貧しい地方へ洋服や奨学金を手渡し日本の文化を伝える「アイウン タイボランティア活動」や「タイの障害者施設への寄付」や「象専門病院への寄付」や「お寺への電球代の寄付」や「奨学金援助」などの活動をおこなっています。

1998年より始まったアイウン タイボランティア活動は、タイ東北地方の各県の県知事から紹介された特に貧しい地域に住む人々へ、日本やタイ国内から寄付された洋服、食べ物、奨学金を直接手渡す活動です。

タイは日本と物価がまったく違うので、ほんのわずかな寄付でたくさんの人が本当に楽になり、子どもの人生を大きく明るく変えることができるのです。

タイボランティアセンターではタイボランティア活動「アイウン」を開催しており、日本文化の普及活動 ・高齢者へ無料メガネ配布 ・子供や供水被害者と食事 ・学用品、スポーツ制服、奨学金を渡すなどの活動をしています。

The Mirror Foundation

http://www.mirrorartgroup.org/japan/

ミラー財団はタイに住む山岳少数民族(山地民)の生活の向上と文化・伝統の継承をサポートするNGOです。 現在、山岳民族は、経済的な貧困、人身売買、麻薬の乱用、文化・伝統の侵食、無国籍、初等教育不足、差別や偏見など、多くの問題にさらされています。 また、グローバル化が進む現代の世の中。 タイの山岳で暮らしている人々にも、その負の部分が影響しています。

ミラー財団は、最新技術とメディアを上手に利用しながら、村人の組織化を通じてのエンパワーメントを促し、これらの様々な問題を彼ら自身で解決できるよう尽力しています。

そして、宗教や民族に関係なく、山地の人々と低地の 人々がお互いに学びながら、共に生きる平和な社会を目指しています。

ミラー財団でのボランティア活動はタイ国チェンライ県に位置するタイ現地NGOミラー財団に滞在しながら、他の外国人ボランティアさん(日本、オーストラリア、イギリス、アメリカ、ドイツ、カナダ、シンガポール等)やタイ人インターン生と共に活動し、基本な活動として、週に2~3回、小中高校、もしくは村で日本語と日本文化の授業を受け持ちます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ニュース

  1. バンクーバー、トロント、ビクトリアはカナダでも有名な留学地。カナダは治安、交通の便も良く、過ごし…
  2. ヨーロッパで暮らしてみたい!という夢を叶えるのがヨーロッッパ留学、そしてワーキングホリデーです。ヨ…
  3. アカデミックな街でハーバー大学などの有名大学がある『ボストン』。メジャーリーグのボストンレッドソッ…
  4. ルワンダ共和国(ルワンダきょうわこく)、通称ルワンダは、中部アフリカに位置する小さな共和制国家であ…
  5. ブリスベンのあるクィーンズランド州ではボランティア人口がどんどん増加しています。州としては、近い将…

ランキング

ページ上部へ戻る