【ネパール海外ボランティア】ボランティア・スタディツアーを行うNPO法人

ヒマラヤ登山の玄関口として有名な、神秘の国がネパールです。ネパールは、インド北部の国境に面しており、巨大なインドマーケットへの商品の流通を低コストで行うことが可能です。また、ネパールの労働力はまだまだ安いため、ネパールで商品を安く生産して、巨大なインドマーケットで商品を販売するというビジネスモデルが成立します。

現在は工業製品、食品、香辛料、糸、ポリエステル、織物などが主にインドに輸出されています。いずれは中国よりも経済規模が大きくなるといわれています。一方、ネパールはいまだにアジア最貧国の一つであり、1人当たり所得は490ドル(2010年)しかありません。

また、道路、電力などのインフラの整備レベルも低く、このことが経済成長のボトルネックになっています。これら「貧困」「インフラ整備」という問題をいかに改善させるかが、今後ネパールが発展するための鍵となります。そんなネパールでのボランティア・スタディツアーを実施しているNPO法人をとその活動内容をいくつか紹介します。

ネパールボランティア www.randstad.co.jp

NGOネパールに学校を!ネパール土の会

http://inpr-jp.org

NPO法人IPJとNGOネパールに学校を!ネパール土の会の共同企画に、「ネパールに学校を作ろう!愛と感動のスタディーツアー」を開催しています。ツアーはの趣旨は、ネパールの学校作りの現場を学ぶことができるボランティア&スタディーツアーです。

参加者にネパールにおける学校作りの現場を経験してもらうことで、 これから社会人になる学生に、国際援助に関わる仕事の楽しさ、やりがいを見つけてもらいたいと思いをゴールに、ツアーを企画されたそうです。

ネパールの貧困やインフラ問題を解決するのに必要不可欠な、国民の教育水準の向上をめざし、一つでも多くの学校を作り、一人でも多くの子供たちが学べる環境を作って上げる必要があります。

株式会社Last Resort

http://www.lastresort.co.jp/

US&アジアボランティアは、ネパールのカトマンズで、英語力を活かして、孤児院にいる子供たちやホームレスのために働く、本気のボランティアプログラムがあります。

約2週間のボランティア活動を通じて、コミュニケーションツールとしての英語力はもちろん、新しい環境でも自主的に行動でき、周りのボランティアと協力しながら奉仕の精神を持って活動できる方にお勧めです。詳細は株式会社Last Resortの

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ニュース

  1. バンクーバー、トロント、ビクトリアはカナダでも有名な留学地。カナダは治安、交通の便も良く、過ごし…
  2. ヨーロッパで暮らしてみたい!という夢を叶えるのがヨーロッッパ留学、そしてワーキングホリデーです。ヨ…
  3. アカデミックな街でハーバー大学などの有名大学がある『ボストン』。メジャーリーグのボストンレッドソッ…
  4. ルワンダ共和国(ルワンダきょうわこく)、通称ルワンダは、中部アフリカに位置する小さな共和制国家であ…
  5. ブリスベンのあるクィーンズランド州ではボランティア人口がどんどん増加しています。州としては、近い将…

ランキング

ページ上部へ戻る