オーストラリア留学で現地入り後によくある4つの相談とは?

シドニー、ケアンズ、メルボルンなど留学先として日本人から人気なオーストラリア。毎年多くの大学生、社会人が英語力アップ、自分をかえたいという思いで留学にいきます。夢の留学生活、思いっきり充実させたいですよね。

ただ、ちゃんと現地入り後のこと考えておかないと留学生活が台無しになってしまう可能性もあります。。銀行口座開設、パソコンを現地でどうすればいいかわからない!となってしまうと面倒です。渡航前に調べておこうということで、今回はオーストラリア留学で現地入り後によくある質問をご紹介します!

英語力はどの程度で身に付くでしょうか?

日常生活がある程度できるようになるには、3~4力月語学学校に通うことをお勧めします。語学学校では現地生活に直結した表現の練習をするので、日本で独学で勉強していた時よりもスムーズに英語力が身につくでしょう。

語学学校で外国人のお友達をたくさん作り、授業中以外でも積極的に英語を使う機会を意識していれば それに比例して英語力も伸びるでしょう。

現地での銀行口座開設の注意点はありますか?

現地銀行口座の開設は、入国してから6週間未満に行うようにしてください。その期間内であればパスポートのみで作成できるからです。その期限を過ぎてしまうと、複数の身分証明証が必要となり、ワーホリの場合には銀行口座開設が困難になります。

現地入り後すくにアルバイトをする予定が無くても、入国後にできるだけ早急 に銀行口座を開設するようにしましょう。

現地での仕事はどのくらいありますか?

シドニーであれば常に求人があり、朝から晩までフルタイムで働け ます。一方で他都市になると都市規模が小さいため、ワーホリが働けるような求人も当然少なくなるのが現状です。

語学力があれば現地のカフェやレストランで働けるチャンスもあるので、まずはしっかり語学力を身につけましょう。

パソコンを持って行きたいのですが、現地で自分のパソコンを使えるでしょうか?

日本のパソコンでも問題なく使用できます。コンセントのプラグの形状が異なるので、プラグ変換機器は日本で購入してくる必要性があります。ホームステイ先では、インターネットがつなげられない場合が圧倒的に多いため、常にインターネットを使いたい方は早めにフラットシェアを探されると良いでしょう。

(留学ドットコム-オーストラリア・カナダ留学より抜粋)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ニュース

  1. バンクーバー、トロント、ビクトリアはカナダでも有名な留学地。カナダは治安、交通の便も良く、過ごし…
  2. ヨーロッパで暮らしてみたい!という夢を叶えるのがヨーロッッパ留学、そしてワーキングホリデーです。ヨ…
  3. アカデミックな街でハーバー大学などの有名大学がある『ボストン』。メジャーリーグのボストンレッドソッ…
  4. ルワンダ共和国(ルワンダきょうわこく)、通称ルワンダは、中部アフリカに位置する小さな共和制国家であ…
  5. ブリスベンのあるクィーンズランド州ではボランティア人口がどんどん増加しています。州としては、近い将…

ランキング

ページ上部へ戻る