【オーストラリア留学の常識】オーストラリアの3種類の留学スタイル

ケアンズ、シドニーなど日本人から観光地、留学先として絶大な人気を誇るオーストラリア。一度はオーストラリアに留学してみたいものですよね。でも留学はやっぱり目的が大事です。

オーストラリアに行きたいといっても何をしたいのか、どれくらい滞在したいのかによって留学スタイルが大きく変わってしまいます。そこで、オーストラリア留学に興味を持った方に向けてどのような留学スタイルがあるか、簡単にご紹介いたします!

気軽に海外生活を体験できる『短期留学』

3ヶ月までの観光ビザでの滞在を指します。プチ留学という形で一ヶ月未満の留学体験をされる方もいます。語学学校だけでなく、児童英語教師養成コースなどの短期専門コースを受講する方も多い。

3カ月程度の留学期間であれば現地生活にもなれてくるので、「海外留学をしている!」と実感できることでしょう。

半年〜1年現地で学ぶ『語学留学』

語学留学とは、英語力向上を目的として語学学校に通うタイプの留学スタイルです。日本人留学生は、半年〜1年間通う傾向が多い。

半年ほど語学学校に通えば必要最低限の日常会話ができるようになります。

近年は大学を1年間休学しての留学生が増えており、帰国後の就職活動のために1年間フルで語学学校に通い、TOEICでハイスコア取得を目指す方が増えています。

稼ぎながら海外に滞在できる『ワーキングホリデー留学』

ただし、一定のルールがあるので注意が必要です。それらのルールを守ればそれ以外は自由度の高いビザなので、オーストラリアバカンスを満喫したい方には最適です。

2○○6年末より2年目のワーキングホリデービザが延長できる制度がスタートしました、移民局が定める地域で季節労働を3カ月以上就労することで、最大2年間の滞在が可能になりました。

(留学ドットコム-オーストラリア・カナダ留学より一部抜粋)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ニュース

  1. バンクーバー、トロント、ビクトリアはカナダでも有名な留学地。カナダは治安、交通の便も良く、過ごし…
  2. ヨーロッパで暮らしてみたい!という夢を叶えるのがヨーロッッパ留学、そしてワーキングホリデーです。ヨ…
  3. アカデミックな街でハーバー大学などの有名大学がある『ボストン』。メジャーリーグのボストンレッドソッ…
  4. ルワンダ共和国(ルワンダきょうわこく)、通称ルワンダは、中部アフリカに位置する小さな共和制国家であ…
  5. ブリスベンのあるクィーンズランド州ではボランティア人口がどんどん増加しています。州としては、近い将…

ランキング

ページ上部へ戻る