1年間滞在OK!語学学校にも通えるカナダのワーキングホリデービザ

カナダは留学先としても日本人から大人気。トロント、バンクーバあたりは言わずと知れたカナダの人気スポットですね!そのカナダはワーホリがしやすい国としても有名です。正直、アメリカはワーホリの規制が厳しくワーホリしづらいんですね。。

カナダにワーキングホリデーするためにはビザが必要ですが、中でもワーキングホリデーがおすすめです。一生に一度しか取得できませんが、カナダに1年間滞在できて、半年間語学学校にも通えちゃいます。。そんなカナダのワーキングホリデービザをご紹介します!

ワーキングホリデービザってなに?

ワーキングホリデービザは、18〜30歳の間、一度だけ取得することができます。一度しか取得が認められてないため、再度カナダを訪れる場合は学生ビザなど、他のビザを取得することになります。

ワーホリビザは最大1年間の滞在が可能で、その期間は半年間だけ学校に通って語学を勉強することができます。また、アルバイトをして現地でお金を稼ぐこともできます。渡航前に就労先を決めることはできませんが、社員として仕事をすることも可能なので、仕事に対して柔軟なビザと言えます。

カナダに1年滞在するならワーホリビザ

滞在が1年程度であれば、ワーキングホリデーが最も自由度が高いためおすすめです。半年という期限はありますが、学校に通うことも、仕事をすることもできます。滞在中の出入国に関しても特段規制がないため、アメリカやヨーロッパ諸国へのアクセスも良さも手伝い、留学先から海外旅行に出掛ける方も多く見られます。

せっかく海外に行くのであれば、自由の利くワーキングホリデービザを取得して、日本では経験できない刺激ある日々を送ってみてはいかがでしょうか。

各ビザの取得方法

留学時、学校に6ヶ月以上通う場合は学生ビザを取得することになります。逆に6ヶ月に満たない場合はワーキングホリデービザ、もしくは観光ビザになります。学生ビザは入学するカナダの学校から、入学許可証を取得していることがひとつの条件としてあります。

それ以外に、ビザ申請書、留学に十分な金額が預金されている銀行の残高証明書、パスポートが必要になります。在日本カナダ大使館の査証部は2012年5月に閉鎖されたため、現状日本でビザの申請ができなくなっています。ビザの取得にはオンラインで申請をするか、フィリピンのカナダ大使館に書類を送付することよる申請の2通りになります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ニュース

  1. バンクーバー、トロント、ビクトリアはカナダでも有名な留学地。カナダは治安、交通の便も良く、過ごし…
  2. ヨーロッパで暮らしてみたい!という夢を叶えるのがヨーロッッパ留学、そしてワーキングホリデーです。ヨ…
  3. アカデミックな街でハーバー大学などの有名大学がある『ボストン』。メジャーリーグのボストンレッドソッ…
  4. ルワンダ共和国(ルワンダきょうわこく)、通称ルワンダは、中部アフリカに位置する小さな共和制国家であ…
  5. ブリスベンのあるクィーンズランド州ではボランティア人口がどんどん増加しています。州としては、近い将…

ランキング

ページ上部へ戻る