【ワーキングホリデーの費用】留学先で働きつつ語学を学べるワーホリの費用は?

一生に一度は留学したい!と思い留学を検討する人も、費用面であきらめる方も多いのが現実。。でもワーキングホリデーなら働いてお金を稼ぎながら英語力のアップ、できちゃいます!とはいえ最初は語学学校に行って慣れてきたら働き始めるといったことなど、渡航前に知らなきゃいけないことはたくさんあります。

特に重要なのがワーキングホリデーの費用。1年間ワーホリをした場合の費用をご紹介します!

ワーキングホリデーが人気な理由とは?

ワーキングホリデーは、渡航先の国で就労、通学することを許された滞在方法です。カナダ、フランス、イギリス、オーストラリアなどワーキングホリデーを認めている国はいくつもあります。

毎年、受け入れの人数や年齢制限など各国ごとにポリシーが異なるため、対象外になっていないか確認が必要になってきます。学校に通いながら、現地でバイト、正社員として働いて滞在費用を稼ぐことができるため、非常に人気の高いビザになります。そのため、ビザ取得をサポートするエージェントなども最近では目立つようになってきています。

ワーキングホリデーの費用

国による物価が異なるため、ワーキングホリデーにかかる費用は、滞在先の国の物価に依存します。滞在先で就労できることを考慮すると、一概には言えないですが、初期費用として100〜150万円程度の準備があれば、基本的にどの国にも行くことができます。

航空券、ビザ取得費、滞在先の初月家賃、雑費が最低限必要な費用になるので、50万円ほどしか用意がなく、現地の仕事で滞在費をまかなっていたという方も大勢います。そのため、語学留学と比較すると、安価に海外生活を実現できる方法とも言えます。

表を見るとわかりますが、『支出の合計ー収入』の金額は150万円以下におさまっています。留学に比べると圧倒的に安いです。イギリスは物価が高く、全体的に高額になっていますが(汗)出発前に用意する費用は調べれば実際に必要な金額がわかりますが、現地に到着してからかかる費用は予想しづらいもの。。

もちろん予算は多めに見積もった方が良いですが、エージェントに相談したり、実際にワーホリに行った人に費用を聞いたり、出発前にどれだけ情報収集して準備するかが、充実したワーキングホリデーの鍵になるかもしれませんね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ニュース

  1. バンクーバー、トロント、ビクトリアはカナダでも有名な留学地。カナダは治安、交通の便も良く、過ごし…
  2. ヨーロッパで暮らしてみたい!という夢を叶えるのがヨーロッッパ留学、そしてワーキングホリデーです。ヨ…
  3. アカデミックな街でハーバー大学などの有名大学がある『ボストン』。メジャーリーグのボストンレッドソッ…
  4. ルワンダ共和国(ルワンダきょうわこく)、通称ルワンダは、中部アフリカに位置する小さな共和制国家であ…
  5. ブリスベンのあるクィーンズランド州ではボランティア人口がどんどん増加しています。州としては、近い将…

ランキング

ページ上部へ戻る