【留学費用の節約術】「お金がない」そんなあなたのための賢い節約留学術

留学費用を押さえて英語を学ぶならセブ島留学

英語留学なら、アメリカに行くよりも、フィリピン・セブ島の方が効率的(英語留学を計画中のRさん)

留学の中で、かなりの割合を占めているのが、英語を学びに留学をしていくというものです。私も英語留学をしたいと思うのですが、なかなか実現できません。

それを阻んでいるものが、お金です。なかなか英語留学にはお金がかかってしまうので、実現しようと思ってもできないのです。

そんな時考えました。

英語と言っても、必ずしもアメリカやイギリスで学ぶ必要はないんじゃないかと。

アメリカやイギリスは、物価が高い国として有名です。同じ英語を学ぶのであれば、比較的物価の安いオーストラリアやニュージーランドも候補に入れてもいいかもしれません。

さらに、より安さを求めるのであれば、フィリピンやスリランカというような国でも、英語留学を受け入れていますので、そこでもいいかもしれません。

by Rさん

飛行機を見直して、留学のお金を節約(ヨーロッパ留学中のRさん)

留学に行きたいけれどなかなか実現できない、留学を阻む壁の中でかなり高い壁として立ちはだかっているのが、お金の問題です。

特に、ヨーロッパへの留学は留学費用がかなり高くつく傾向にありますので、より高い壁となることでしょう。

しかし、そんな壁に負けてはいけません。工夫次第では、留学費用を節約することができるのです。

そのひとつが、往復の飛行機代です。憧れのヨーロッパへ留学に行くのならば、ヨーロッパの航空会社で直行便と考えたくなります。しかしこれが、意外とお金がかかるのです。

そんなときに使いたいのが、アジア系の乗り継ぎ便です。所要時間は数時間しか変わらないのに、価格は数万円も違います。

どこの航空会社だろうと、留学そのものには影響がありません。

by Rさん

ホームステイで留学費用を節約(長期語学留学経験者のTさん)

留学をするにはお金がかかります。お金の問題で、憧れの留学ができないとなったならば悲しいことですよね。

お金の問題を解決するためには、多くのお金を準備することももちろん大切なことですが、留学に必要なお金を節約することも重要なことです。

留学費用の節約方法とはいえ、勉強に支障が出るようではいけません。支障がでない範囲の節約方法と言えば、まずは滞在方法です。

留学先で結構な支出になってしまうのが、現地での滞在。現地でアパートなど借りようものならば、結構な支出になってしまいます。

そこでやはり、留学と言えばホームステイです。ホームステイであれば、毎日2食はついてきますし、光熱費や通信料金も込みになっていることが多いので、割安です。

by Tさん

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ニュース

  1. バンクーバー、トロント、ビクトリアはカナダでも有名な留学地。カナダは治安、交通の便も良く、過ごし…
  2. ヨーロッパで暮らしてみたい!という夢を叶えるのがヨーロッッパ留学、そしてワーキングホリデーです。ヨ…
  3. アカデミックな街でハーバー大学などの有名大学がある『ボストン』。メジャーリーグのボストンレッドソッ…
  4. ルワンダ共和国(ルワンダきょうわこく)、通称ルワンダは、中部アフリカに位置する小さな共和制国家であ…
  5. ブリスベンのあるクィーンズランド州ではボランティア人口がどんどん増加しています。州としては、近い将…

ランキング

ページ上部へ戻る