NZのクライストチャーチで語学留学。色々な国や仕事や立場の人との交流体験で学んだもの

ニュージーランド語学留学体験談

10年も前になりますが、ニュージーランドの南島のクライストチャーチに3ヶ月だけですが語学留学しました。語学学校は、クライストチャーチ市立のポリテクニックス。通称ポリテク。公的な機関の語学学校で、というより、専門学校的な感じで、他にもコンピューターコースや色々なコースがありました。

はじめのテストでクラス分けされてクラスルームがあった他、美術や音楽などの選択科目もあり、自分の興味のある分野の話を聞きながら、英語を学ぶことができました。主に、日本をはじめとしたアジアとヨーロッパからの学生が多く、特にヨーロッパスイスやドイツからの学生は社会人が多く、非常にはなしも豊富でたのしかったです。

また、韓国や中国、台湾は若い学生さんが多く、のりもよく楽しめました。語学もそうですが、非常にそのお国の国柄が見えて興味深かったです。私自身、ライティングができてもヒアリングができず、確かに少し、クラスは易しくも感じましたが、色々な選択科目やアクティビティがあり、非常に勉強になりました。

語学ではないですが、日本人の多くは社会人を経験していて、看護師から銀行員まで様々で、日本では会うことのない、話することのない日本人たちと出会い経験を共有出来たのが一番の収穫だったかもしれません。

現地の人が話好き。どこでもお話ばかり

ポリテクニックスは、クライストチャーチの町中にあり、学校の帰りにショッピングや美術館、博物館に行くことができました。また、非常に自然が大好きなお国柄ですから、暇を見つけるとハイキングにいってました。ニュージーランドにいって良かったのは、学校であるポリテクニックスだけでなく、町中の人が話好きなことです。

バス停でバスを待っているとすぐに声をかけられます。明らかにこちらが英語が苦手でもお構いなしです。でも皆さん親切にゆっくり話してくれます。そしてゆっくり話を聞いてくれるのです。

ホームステイもとても勉強になりましたし、学校も良かった。でも、町中で人々が話しかけてくれる環境がすごく良かったです。ニュージーランドは、特にお店の人がお客の私に親切でした。今、積極的に海外の商社にメールで質問できるのもこの体験かもしれません。お客に対してはみんなが親切です。

実は選択授業のひとつは、明らかにクラスが上のものをお願いして、特別に受けさせてもらいました。実は私は獣医師ですが、英語で救急医療を学ぶコースを選択したのです。ビデオも授業も早口で大変でしたが、多少知識もあったので、非常に楽しく勉強できました。やはり、興味のある分野は非常にモチベーションが上がるものです。

帰国してからも、NHKの語学番組を聞いていましたが、クラスより、興味のあることを選ぶようになり、以前より、続くようになりました。改めて興味の大切さを感じました。日本にいても語学学校にはいくことができます。しかしながら、町中の生きた英語は現地でしか学べません。ですから、学校の中身も大事ですが、立地も大事なのだと思いました。

人懐こいニュージーランド人が大好き。大人になって行くからのも全然あり

また、私は普段自分から話すことはないですが、とにかくニュージーランド人、キーウィたちは人懐こいです。どんどん話しかけてくれます。この環境がやはり素晴らしい。そのような意味でニュージーランドは、おすすめです。オーストラリアや、アメリカでは感じられませんでした。お店の人はどこでも親切ですが。特にクライストチャーチはおすすめです。

また、学生時代にいくのもいいけど、やっぱり、一度社会に出てからお金を自分でためて、行くのもいいと思います。一時期流行った自分探しではないですが、日本人にも、他の国の人たちにも色々な国や仕事や立場の人と交流できるのが、海外への語学留学の醍醐味だと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ニュース

  1. バンクーバー、トロント、ビクトリアはカナダでも有名な留学地。カナダは治安、交通の便も良く、過ごし…
  2. ヨーロッパで暮らしてみたい!という夢を叶えるのがヨーロッッパ留学、そしてワーキングホリデーです。ヨ…
  3. アカデミックな街でハーバー大学などの有名大学がある『ボストン』。メジャーリーグのボストンレッドソッ…
  4. ルワンダ共和国(ルワンダきょうわこく)、通称ルワンダは、中部アフリカに位置する小さな共和制国家であ…
  5. ブリスベンのあるクィーンズランド州ではボランティア人口がどんどん増加しています。州としては、近い将…

ランキング

ページ上部へ戻る