イギリス留学ビザの種類・申請方法・必要書類(ワーホリ・Tier4)

6ヶ月以上の期間イギリス留学に行くには、ビザの取得は必須。
今回は、自分の行きたい留学プランにはどの種類のビザが必要なのか、申請にあたって必要な書類についても解説します。
ちなみに6ヶ月の短期後額留学の場合にはビザは不要。入国審査で最低限の滞在先・学校名が伝えられれば大丈夫ですよ。

イギリスに語学留学するためには、ワーキングホリデービザ、観光学生ビザ(6ヶ月滞在可能)、長期観光学生ビザ(11ヶ月滞在可能)、Tier4ビザ(12ヶ月以上滞在可能)の4種類のビザがあります。

語学習得を目的に渡航する場合は、ワーキングホリデービザを取得されることを考える方が一番多いです。最長2年間滞在ができ、その間の就学と就労に期限が設けられていないため、人気のビザとなっています。取得条件は18歳以上、30歳以下であることで、毎年抽選によって割当がされます。

この抽選はメールで応募し、当選は先着ではなく、ランダム形式によって決まります。当選した後の手続きは、ビザセンターに足を運び、必要書類の提出などを行います。

日付、署名のあるイギリスワーキングホリデー申請用紙、英語で手書きしたイギリスワーキングホリデーPBSのチェックリストをプリントアウトしたもの、預金通帳、英文残高証明書、取引明細書のどれかひとつをセットにして提出します。そして、問題がなければ3週間以内にビザが発行されます。

イギリス留学をすると、ヨーロッパ一週旅行が出来るのが嬉しい!

イギリスに留学することの1つのメリットに、他のヨーロッパの国に気軽に足をのばせるということがあげられます。

日本では考えられませんが、ヨーロッパでは国をまたぐ移動でも往復で1万円を切るようなチケットが販売されています。また、ヨーロッパ各国を結ぶ鉄道もあり、電車で旅行をする場合は事前予約をすると25%、50%などの割引を受けることもできます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ニュース

  1. バンクーバー、トロント、ビクトリアはカナダでも有名な留学地。カナダは治安、交通の便も良く、過ごし…
  2. ヨーロッパで暮らしてみたい!という夢を叶えるのがヨーロッッパ留学、そしてワーキングホリデーです。ヨ…
  3. アカデミックな街でハーバー大学などの有名大学がある『ボストン』。メジャーリーグのボストンレッドソッ…
  4. ルワンダ共和国(ルワンダきょうわこく)、通称ルワンダは、中部アフリカに位置する小さな共和制国家であ…
  5. ブリスベンのあるクィーンズランド州ではボランティア人口がどんどん増加しています。州としては、近い将…

ランキング

ページ上部へ戻る