ワーキングホリデーは現地アルバイトOK♪留学費用を抑えるならワーホリ

ワーキングホリデー(ワーホリ)は、若い人向けの特別な渡航のためのものです。このビザは18歳から30歳の若者が生涯でたった一度だけ1年間の滞在ができるビザです。(条件により2年目の申請ができます。)

ワーホリビザは滞在資金を現地でのアルバイトで補うことが 認められている点が、留学費用を大きく押さえられ、他のビザとは大きく違う特色です。働きながら1年間、指定ファームで農業を3ヶ月以上すると2年間、滞在できるビザです。

語学学校には17週間通えます。このワーキングホリデービザの元では、学校に4ヶ月まで就学が可能であり、仕事も旅行も自由にできるのも人気の秘密です。一定の都市に滞込してじっくり語学力を身につける人もいれば、転々と旅をし続ける人もいたりで、ワーキングホリデー制度の利用の仕方は人それぞれです。

しかし、ビザが簡単に取得できるからといって、気軽に渡航し、無計画に過ごすのは無駄に時間とお金を使ってしまいます。帰国後の就職やキャリアアップにつながるような体験、もちろん自分自身の成長に繋がる具体的な目標をかかげて、さまざまなことにチャレンジすることによって、1年間で思いがけないほど大きく成長できます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ニュース

  1. バンクーバー、トロント、ビクトリアはカナダでも有名な留学地。カナダは治安、交通の便も良く、過ごし…
  2. ヨーロッパで暮らしてみたい!という夢を叶えるのがヨーロッッパ留学、そしてワーキングホリデーです。ヨ…
  3. アカデミックな街でハーバー大学などの有名大学がある『ボストン』。メジャーリーグのボストンレッドソッ…
  4. ルワンダ共和国(ルワンダきょうわこく)、通称ルワンダは、中部アフリカに位置する小さな共和制国家であ…
  5. ブリスベンのあるクィーンズランド州ではボランティア人口がどんどん増加しています。州としては、近い将…

ランキング

ページ上部へ戻る