【韓国・短期語学研修体験談】ソウル市内にある梨花女子大学で夏休みに短いキャンパス生活を満喫

韓国留学

私は、去年の夏に韓国語を学ぶために、短期留学として、韓国のソウル市内にある梨花女子大学の短期語学研修に参加しました。ちょうど、韓国人の友人が梨花女子大学の出身だったので、勧めてくれたものあり、授業料も少しだけ安かったので、こちらの語学研修のプログラムに参加しました。

この大学は夏休み期間なので、留学生以外の学生はほぼいなく、学校もわりと静かな中で授業を受けることができました。夏休み期間だけれど、学内の学食やコンビニ、書店やカフェテリアなども空いていて、短いキャンパス生活を満喫することができました。

授業は韓国語のレベルごとのクラスになっていて、最初にレベルテストでクラス分けがなされます。授業は、初級クラスでもすべて韓国語で行われるため、かなり集中していないとついて行けませんでしたが、本気で韓国語を勉強したかったので、私にとってはとても貴重な機会でした。

語学の授業と体験授業で韓国語を学ぶプログラムがとても良かった

毎日4時間ずつ授業をするので、テキストもどんどん進み、宿題も毎日出て大変ではありましたが、その分、放課後にしっかり勉強して充実した時間を過ごすことができました。

この授業プログラムの中には、体験授業というのも2回あって、一つは工芸体験をしました。博物館にクラスのみなでいって、図工室のような場所で、簡単な工芸作品の作り方のレッスンを受けて、自分でもつくってみるという体験授業でした。この授業も韓国語で行われて、とてもむずかしかったのですが、素敵な作品もできていい思い出になりました。また、もう一回の体験授業は、劇場にミュージカルを見に行く授業でした。みなでバスにのって、町に繰り出し、始めての町を歩きながら劇場まで行き、生の韓国語のミュージカルを見るのは、とてもよい経験になりました。

学校の授業は、このように、語学の授業と体験授業とがあり、いろんな面から韓国語を学べるようにプログラムが組まれていました。

クラスの友人と遊びながら、生きた韓国語を学ぶことができました

また、授業以外でもクラスで友達になった友人と、一緒に昼ご飯をたべたり、ソウルの町に買い物に出かけたりと、生活しながら生きた韓国語を聞き、自分でも使ってみるという経験はとても私の語学力にプラスになりました。やはり日本で勉強しているだけでは、なかなか身に付かない韓国語の表現感覚を学ぶことができましたし、自分が伝えたいことをどうやって伝えたら伝わるのかということを、現実的に考えて言葉を話す体験ができたことがとても良かったです。

韓国へ短期留学を希望する人にとって、梨花女子大学のプログラムはとても濃密で、おすすめです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ニュース

  1. バンクーバー、トロント、ビクトリアはカナダでも有名な留学地。カナダは治安、交通の便も良く、過ごし…
  2. ヨーロッパで暮らしてみたい!という夢を叶えるのがヨーロッッパ留学、そしてワーキングホリデーです。ヨ…
  3. アカデミックな街でハーバー大学などの有名大学がある『ボストン』。メジャーリーグのボストンレッドソッ…
  4. ルワンダ共和国(ルワンダきょうわこく)、通称ルワンダは、中部アフリカに位置する小さな共和制国家であ…
  5. ブリスベンのあるクィーンズランド州ではボランティア人口がどんどん増加しています。州としては、近い将…

ランキング

ページ上部へ戻る