【大学2年生の夏、上海に短期留学】1ヶ月中国で過ごして感じたことは、世界が広いということ

上海短期留学

私は大学2年生の夏に1ヶ月だけの短期留学に中国の上海に行きました。留学先は語学学校ではなくて上海師範大学と大学で中国語の勉強をしました。

どういった経緯でその上海師範大学に留学する事になったかというとそれは私は大学で第2外国語で中国語を選択していてその先生の紹介でそこに行く事になりました。1ヶ月の短期留学の費用はというと確か少し安くしてもらってそれでも28万円とかくらいでした。

結構高い値段かもしれませんが大学の中にある語学学校に通い、しかも、中国人のコーディネーターの人もついていていろいろ案内をしてくれて、サポートも万全で、それに大学内に私が泊まる宿舎があったのですが、それも日本人専用だったのでまるでホテルのような部屋でした。私1人でベッドも2つあってお風呂もホテルみたいで、毎日掃除をしてくれる人も来てくれていました。なので確かに28万円はすると思います。

みんなに生活で使う中国語を教えてもらったんです

でもお陰で安心して初めての中国に1ヶ月滞在する事が出来ました。本当にその短期留学の時が初めての中国だったので言葉も全然分からない状態でした。確かに大学の第2外国語で勉強はしましたが、それでも実際に聞いた事とかも全くなかったので最初はどうやって物を買っていいのかとか全然分からない状態でした。

私が行った学校で他にも日本人の生徒はたくさんいました。みんなすぐに友達になったので、みんなにどうやって言うのか教えてもらいました。そして、大学の中の売店とかで実践していました。勇気を出して言ってみると意外と通じるのでそれがすごく嬉しくなってよく売店に行くようになりました。この短期留学によって私は本当に世界への見る目が変わりました。

世界はこんなに広いのかと感じた短期留学

留学へのきっかけは中国に興味があったからでした。たったそれだけの理由だったのですが、それでも私にすごく良い影響を与えました。日本しか見た事のなかった私は世界ってこんなに広いのかと本当に実感して、更にはその時本当に今自分が生きているんだとすごく実感しました。確かに今までももちろん生きてはいたのですが、それを感じた事なんて今までありませんでした。

それが何と中国に行った事によってすごく感じたのです。確かに言葉の壁は大きかったです。苦労もしました。でもそれにもましてたくさんの経験をしました。水にあたって下痢にもなりました。個t場が通じず苦労もしました。でも留学して人生は本当に変わりました。世界をもっと知りたい興味のある人には一度この短期留学をおすすめします。きっと自分の考えが変わると思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ニュース

  1. バンクーバー、トロント、ビクトリアはカナダでも有名な留学地。カナダは治安、交通の便も良く、過ごし…
  2. ヨーロッパで暮らしてみたい!という夢を叶えるのがヨーロッッパ留学、そしてワーキングホリデーです。ヨ…
  3. アカデミックな街でハーバー大学などの有名大学がある『ボストン』。メジャーリーグのボストンレッドソッ…
  4. ルワンダ共和国(ルワンダきょうわこく)、通称ルワンダは、中部アフリカに位置する小さな共和制国家であ…
  5. ブリスベンのあるクィーンズランド州ではボランティア人口がどんどん増加しています。州としては、近い将…

ランキング

ページ上部へ戻る