授業、アクティビティ、旅行、全てが充実するフィリピン、セブ短期留学

フィリピン・セブ短期留学

セブ留学期間中、土日はマクタン島でマリンアクティビティを楽しめる

せっかくの留学期間中週末などのオフの時間は南の島を満喫したいですよね。セブ島はそんな週末のアクティビティにぴったりです。セブ島本当本当は細長い島で、両脇を海峡が囲い、島の中部の東海岸にはリゾート地・マクタン島があります。

マクタン島は風光明媚で風通しがよく、一般に言うセブ・リゾートはここマクタン島を指す場合が多く、外国からの移住者も多くいます。そこには、国際空港やホテル、ショッピングセンターがある一方美しい浜辺やダイビングスポットがあり、マリンアクティビティを存分楽しめます。

その上、セブ島はバンタヤン島以外にも、ダアンバンタヤン島やその他無数の小さな美しい島に囲まれ、そのうちのオランゴ環礁などの無人島は冒険を求める観光客に大変人気です。

学校があるエリアからビーチリゾートエリアであるマクタン島まで簡単に行ける距離ですので、スキューバダイビングや島巡りツアーも格安で楽しめます。またセブ・シティは大型ショッピングモールやデパートもある大きな街なので買い物で困ることはないでしょう。他にも歴史情緒ある観光スポットに出かけたり、エステ、ゴルフ、様々な国の料理などなど、「勉強だけじゃもったいない!」充実の留学生活を送ることができます。

フィリピン、セブ島の語学学校では日本人が少なく必然的に英語を話す時間が多くなる

セブ島で英語を学ぶ留学生は韓国人が圧倒的に多数で日本人は全体の5%~10%ほどしかなく必然的に英語を話す時間が多くなります。日本語が通じない環境に身を置いたほうが、それだけ必死で英語を話そうとします。

それは、授業だけの話でなく、トイレが故障した時であれ、洗濯物の出し方を尋ねる時であれ、道を聞く時であれすべて英語で聞くしかないのです。

「英語が話せないと、生活もスムーズに回らない」ような環境に身を置けば頭よりも先に体がそのような体制にシフトします。この感覚的体験が、留学の醍醐味だと思います。

授業だけは外国人に教わり、あとは普通に日本人と日本語で会話しているのでは伸び方が違います。しかし、周りに日本人がいないとそれはできません。ということは必死で英語でなんとか伝えようというモードになり、その結果英語が伸びるのです。

旅行の会話

フィリピン留学(セブ島)への語学留学で、旅行で使う英会話を学ぶことは、十分に可能です。学校の中と寮との往復だけでは、一般的な旅行で使う会話を覚えにくいかと思いますので、休みの日にミニツアーに参加したり、普段から買い物へ出かけたり、レストランやファーストフード店へ食事に行くなど、旅行でよくあるシチュエーションを体験するように行動してみましょう。勉?だけでなく、旅行気分も同時に楽しめるので、休みの日や放課後も活動的に外に出てみるのがオススメです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ニュース

  1. バンクーバー、トロント、ビクトリアはカナダでも有名な留学地。カナダは治安、交通の便も良く、過ごし…
  2. ヨーロッパで暮らしてみたい!という夢を叶えるのがヨーロッッパ留学、そしてワーキングホリデーです。ヨ…
  3. アカデミックな街でハーバー大学などの有名大学がある『ボストン』。メジャーリーグのボストンレッドソッ…
  4. ルワンダ共和国(ルワンダきょうわこく)、通称ルワンダは、中部アフリカに位置する小さな共和制国家であ…
  5. ブリスベンのあるクィーンズランド州ではボランティア人口がどんどん増加しています。州としては、近い将…

ランキング

ページ上部へ戻る