マンツーマン授業、オーダーメイド型のカリキュラムで自分の英語力にぴったりの授業を受けれるフィリピン留学

フィリピン留学・マンツーマン授業

フィリピン留学で特徴的なマンツーマン授業

フィリピン留学が欧米にある学校の留学と違う点は、少人数制だということです。セブ島の学校は欧米と比較すると人件費も物価も安いがゆえに、教師一人当たりに支払う賃金も割安なのですが、決して教育のレベルが低いというわけではありません。

でも、少人数のクラスというだけでは物足りなくて、完全にオーダーメイドのレッスンがしたいという方もいるでしょう。そんな場合にも、大体の学校は追加料金を支払えば変更することができますので、マンツーマンレッスンを行うなど目的がはっきりしている方の留学にも向いています。

1日の授業数を増やせるオーダーメイド型のカリキュラム

フィリピン留学のメッカであるセブ島での英語学習は、1日の授業数を増やせるオーダーメイド型のカリキュラムが可能な学校も中には存在します。留学生本人の意志で授業数を変化させ、より個人個人にあった授業で学習することが可能です。

しかし、自分にとって英語学習で何が必要なのかを的確に判断し、目的に合わせた英語指導をしなければ、せっかくのオーダーメイドも効果が今一つになります。自分自身のスキルアップなのですから、自分の目標を明確にして英語学習をより濃密なものにしなければ、生きた言語は染み付きません。

英語でのコミュニケーションでなまりを気にする必要はない

フィリピン英語と聞いてフィリピンなまりを気にする方もいらっしゃると思いますが、フィリピンで教えられる英語は北米で使われるアメリカンスタンダードの英語とよく似ており、フィリピンでも若い世代や、観光客の多い大きなショッピングモールの従業員は訛りをあまり感じない英語を話しています。

その上、高い倍率をくぐり抜けた講師に至ってはネイティブと同じような美しい発音で英語を話します。現地のフィリピン人とのコミュニケーションにおいて所謂フィリピンなまりを耳にすることも多くあるとは思いますが、本来の目的であるコミュニケーションスキルを身につけることにおいては、様々ななまり/アクセントに慣れることができるというベネフィットもあるのでローカルなまりを気にすることはありません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ニュース

  1. バンクーバー、トロント、ビクトリアはカナダでも有名な留学地。カナダは治安、交通の便も良く、過ごし…
  2. ヨーロッパで暮らしてみたい!という夢を叶えるのがヨーロッッパ留学、そしてワーキングホリデーです。ヨ…
  3. アカデミックな街でハーバー大学などの有名大学がある『ボストン』。メジャーリーグのボストンレッドソッ…
  4. ルワンダ共和国(ルワンダきょうわこく)、通称ルワンダは、中部アフリカに位置する小さな共和制国家であ…
  5. ブリスベンのあるクィーンズランド州ではボランティア人口がどんどん増加しています。州としては、近い将…

ランキング

ページ上部へ戻る