本気の街コン参加レポ

私が行ったのは、地元で定期的に開催されている街コンでした。「イケメンいないのかな~?」の一言を友達に会うたび言っていたので「街コンがどんな感じなのか試しに行ってみる?」と、友達とノリで話してノリで実際に行く事になりました。

居酒屋をその日は街コン用に貸切となっていて男女色んな人が来ていましたがイケメンは全然居なくて、年上の人が多く皆かなりガチな雰囲気でした。

よく考えれば、イケメンはこんな所で出会いを求めなくても、きっと女性は寄ってくるし自分から声をかける事も出来るだろうから来た瞬間に後悔したのを覚えています。

私と友達は、すごくテンションは下がったけれど、「せっかく来たなら楽しもう!」となり周りの男性などは、気にせず二人でいつもの様にガールズトークをしていました。

途中ノリの良さそうな男性二人組が声を掛けて来たので一緒に呑み始めて自己紹介から始まり、好きなタイプや趣味なども聞き合ったりしました。

結局その人達と連絡先は交換しましたが、私も友達も恋愛対象には入らないタイプの男性だったので今は連絡を取っていません。

でもその人達はノリも良く、年上だったので悩み事や相談はよく聞いてくれていたので友達として考えればアリだね!と話していました。せっかくその人達と出会ったのだから、次はその男性達に呑みの場を設けて貰ってお互いの友達を呼んで、わいわい出来たらいいね!と友達と話していました。

街コンってどんな感じの人が来るか全く想像できなかったので実際に行ってみて驚いた部分が、とても多かったです。全然声を掛けれず一人で呑んでいる人や、男性だけで固まってる人なども居たので出会いの場を、いつもと同じ呑みの場に自分からしている人が多くもったいないなと感じました。

でも本気で相手を見つけようと頑張って声を掛けている人も居たのでそのガチな感じにも少し驚きました。

社会人になると、皆なかなか出会いの場が無いので、街コンに出会いを求めて来る人がいて当たり前だと思いますが、私と友達はノリで行った感じだったので少し引け気味を感じたのもありました。

でも私達も出会いに期待していたので、タイプの人がいなかったのはその日の街コンには縁が無かっただけ!と思い、また次回開催にひっそり期待しています。

しかも、行ってみて分かりましたが、恋愛対象の人とは出会えなくても意外と地元が近かったり、趣味やペットの話などで合う友達が新たに出来る事を知ったのでそれを楽しみにいくのもアリかなと思いました。

友達が増えれば、その友達から枝分かれして、他の人と繋がったり出来る可能性もあるので街コンに必ずしも恋愛対象の人を求めて、出会えると決めつけていると実際には難しいかもしれません。

でも、その出会いの場をどう有効に使うかというのは大事だと思いました。ノリで行った私達も、もしタイプの人が居ればテンションは変わると思うしその場、その時にどう行動するのかは重要です。

そして一人で来るよりは、友達などと二人以上で来た方が雰囲気的にも良いように感じました。

普段と変わらぬ日々を過ごしていたら、当たり前に毎日が過ぎていくだけでも街コンに来てみて、そこで出会えた人とは一期一会だと思い、人との繋がりを大事にしてみると、今までの生活に少し刺激があったり変化があると思います。

結局はノリでもガチでも、どんな気持ちの持ちようで行っても皆出会いを求めている事は一緒で、せっかく来たなら楽しんで帰ろうという勢いで行けたらいいと思います。

私はまだまだ出会いを求めている最中なので、これからも街コンや普通の合コンなども機会があれば参加したいし、相変わらず友達とノリで行くことも大事にして頑張って良い人と、巡り合える事を楽しみにしています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ニュース

  1. バンクーバー、トロント、ビクトリアはカナダでも有名な留学地。カナダは治安、交通の便も良く、過ごし…
  2. ヨーロッパで暮らしてみたい!という夢を叶えるのがヨーロッッパ留学、そしてワーキングホリデーです。ヨ…
  3. アカデミックな街でハーバー大学などの有名大学がある『ボストン』。メジャーリーグのボストンレッドソッ…
  4. ルワンダ共和国(ルワンダきょうわこく)、通称ルワンダは、中部アフリカに位置する小さな共和制国家であ…
  5. ブリスベンのあるクィーンズランド州ではボランティア人口がどんどん増加しています。州としては、近い将…

ランキング

ページ上部へ戻る