フィリピン、セブのマンツーマン語学留学はスラングのない正しい英語が身につく

フィリピン留学・マンツーマン授業

マンツーマン授業を安く受講できる

ここ何年かでフィリピン留学が人気を集めるようになりました。その理由としては、アメリカ留学に比べて航空券の費用も滞在費も安いことが挙げられます。その他、学校の教育体制としては人件費が安いことから、マンツーマンレッスンも安くできること、そしてグループレッスンを受けるとしても一クラス当たりの生徒数が少ないという利点が挙げられます。

欧米の語学学校では一クラス10人から20人というのが一般的ですが、フィリピンでは一クラス4人から8人のところばかりです。生徒が少ないと発言機会も多く、一人一人に先生の目が行き届くため、上達が早いという利点があるでしょう。

語学学校では日本人が少なく、必然的に英語を話す時間が多くなる

フィリピン留学は英会話力の上達が早いと言われています。セブ島にある語学学校は経営者が韓国人の学校が多いので、必然的に韓国人の学生が多くなります。日本人が経営している学校もありますが、日本の学生の割合は約10%と言うことで、欧米の語学学校に比べたらかなり割合が低いのです。

同じ国籍の学生が少なければ、必然的に英語で会話をせざるを得ません。アジア系の国々の学生であっても日本語が分かる人などほとんどいないですし、私たちも彼らの国の言葉を理解できないという状況であれば、勿論英語で話す時間が増えることになりますから、同じ期間であれば欧米よりもフィリピンへ留学した方が英語が早く身に付きますよ。

フィリピン、セブ島の英語教師は非ネイティブ

英語の勉強のために、海外に留学したいと考える方も多いでしょう。現地で実際に英会話をすることによって、英語力を高めることができるため、留学は優秀な勉強手段となります。ですが、日本でも地域によって方言があるように、英語でも国によって訛りや独特の言い回しなどがあるため、どこに行くかは慎重に選ぶ必要があります。

もし、正しくわかりやすい英語を学びたいのならば、フィリピン留学でセブ島に行くことをオススメします。この辺りの英語教師は非ネイティブのため、スラングのない正しい英語を身につけることができます。

滞在先で国籍の違う仲間と英語で会話

フィリピン留学が脚光を浴びているのには日本から近くて留学費用が安い以外の理由もあります。イギリスやアメリカへの留学ですと、滞在先はホームステイがメインになってきます。しかしセブ島などではリゾートホテルがそのまま学校になっていることから、国籍の違う仲間たちとずっと一緒に過ごすことになります。

これによって格段に会話の量が多くなって、結果として語学力が向上することになるのです。一般の家庭に滞在する場合、気疲れする面もありますがこの滞在スタイルであれば勉強にだけ集中することができますね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ニュース

  1. バンクーバー、トロント、ビクトリアはカナダでも有名な留学地。カナダは治安、交通の便も良く、過ごし…
  2. ヨーロッパで暮らしてみたい!という夢を叶えるのがヨーロッッパ留学、そしてワーキングホリデーです。ヨ…
  3. アカデミックな街でハーバー大学などの有名大学がある『ボストン』。メジャーリーグのボストンレッドソッ…
  4. ルワンダ共和国(ルワンダきょうわこく)、通称ルワンダは、中部アフリカに位置する小さな共和制国家であ…
  5. ブリスベンのあるクィーンズランド州ではボランティア人口がどんどん増加しています。州としては、近い将…

ランキング

ページ上部へ戻る