格安で異文化を体験できるフィジー語学留学体験談。日本人が多いのでホームステイがおすすめ

フィジー語学留学

近年、話題になっている格安語学留学でフィジーのナンディという都市に語学留学へ行きました。期間は2ヶ月間だったのですが、やはり一般的に英語の語学留学先と挙げられる、アメリカやイギリス、オーストラリアなどに比べて非常に格安でした。現在、フィジーでは数箇所語学留学ができる教育機関があるようですが、私が行ったときにはフィジーで初めての語学留学先であった、Free Birdという機関でした。

フィジーは格安で留学できる最高の場所

フィジーでの格安語学留学のメリットはその他のフィリピンなどの格安留学と比べてのメリットとして、オーストラリアやニュージーランドへワーキングホリデーへ行く前に、どちらの国にも近いフィジーで格安に語学留学ができるという点だと思います。私も、2ヶ月のフィジー語学留学の後、オーストラリアへ1年間ワーキングホリデーへ行きました。

一般的に、ワーキングホリデーへ行く人の多くは現地で語学学校へ通うことも多いと思うのですが、やはりオーストラリアやニュージーランドはフィジーと比べて語学学校の費用がかなり高いのです。そのため、ワーキングホリデーへ行く前に、語学勉強を実際に英語を共通語として話しているフィジーで勉強して身につけてから、ワーキングホリデー先では語学学校に通うことなくすぐに仕事探しに入れるのです。

唯一のデメリットは日本人が多かったこと。ただ格安で異文化体験するにはおすすめ

ただし、私が実際にフィジーの語学学校へ通ってみて思ったことは、当時8割以上の生徒が日本人でしたので、校内では日本語禁止といえども、やはりネイティブの生きた英会話を身につけるのは難しいと感じた点です。

フィジーに限らず、この点はネイティブが通わない語学学校のデメリットだと思います。本当に一から英語を勉強したい人にとっては基礎的な英会話を学ぶ環境として良いかもしれませんが、もうすでに英会話が少しできる人にとっては、自分が話す英会話の間違いを指摘してくれるネイティブの存在がいる、現地の大学へ留学することをおすすめします。

ただ、一度短期で、それも格安で留学したいという人にとって、異文化体験も十分に味わえるフィジー留学はおすすめです。フィジーでは、ホームステイと寮を選ぶことができますが、ホームステイの人とはすべてが英語での会話となるため、ホームステイをおすすめします。

私は、フィジー留学のおかげで、英会話力の向上以上に、異文化に対する興味や関心が高まったように感じます。アメリカやイギリス、オーストラリアなどの日本と変わらない先進国での留学では味わえない、多くのことを体験することができるのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ニュース

  1. バンクーバー、トロント、ビクトリアはカナダでも有名な留学地。カナダは治安、交通の便も良く、過ごし…
  2. ヨーロッパで暮らしてみたい!という夢を叶えるのがヨーロッッパ留学、そしてワーキングホリデーです。ヨ…
  3. アカデミックな街でハーバー大学などの有名大学がある『ボストン』。メジャーリーグのボストンレッドソッ…
  4. ルワンダ共和国(ルワンダきょうわこく)、通称ルワンダは、中部アフリカに位置する小さな共和制国家であ…
  5. ブリスベンのあるクィーンズランド州ではボランティア人口がどんどん増加しています。州としては、近い将…

ランキング

ページ上部へ戻る