お見合いパーティや街コンも、参加しすぎはよくないかな。。

行きつけの美容院主催の、お見合いパーティーに行ってきました。カットが終わり、お会計後、「今度お見合いパーティするから、お友達と良かったらどうぞ?」と、スタッフの方が熱心に説明してきたので、話を聞いてみました。

そこには、見本のプロフィールファイルがあり、顔写真、氏名、生年月日、職業、年収まで記載されていました。

「顔写真とか、年収載せてていいんですか?」と聞いたら、「こっちサイド(女性側)も女性版のプロフィールファイルに登録したら、男性側のプロフィールファイルを閲覧できるという条件で、閲覧可能だよ?」とのことでした。

ファイル登録しなくても、パーティーには参加できるから、是非!とのことだったので、どこのパーティーに行ったことなかったので、物は試しで、お友達と参加してきました。

受付でプレートもらって、挨拶もそこそこにパーティーが始まりました。立食形式だったので、各テーブル毎にローテーションする形でした。

一通りローテーションが終わると、意気投合した方々は、それぞれお話をする流れでした。

参加者は、同じ美容院系列に通っているお客さんと、そのお友達で、年齢も20代から50代と、幅広く参加していました。

その中でも、いいなーと思える人が2人いて、その人たちと運よくお話できて、パーティーが終わったあと、そのまま違うお店に行くことになりました。

堅苦しいお見合いパーティーではなくて、ただ飲み友達の感覚で過ごせることができました。その後は発展するような気配もありましたが、今は飲み友達でストップのままです。

今では、笑い話にできる位、打ち解けていますし、いい友達ができたなぁと思います。全く趣旨とはズレますが、そうゆう友達の枠を広げるという意味での参加もありなのかな、と。

参加男性の中には、明らかに結婚してるでしょ?と思うような人もいましたが、その人は、盛り上げ役に徹していたので、そうゆう人も大切なのかなと思いました。

そのほか、顔はいいけど、職業がフリーター。顔は悪いけど、公務員。バツイチ、幹部。

がっついている女性。結構、引くくらいぶりっ子している女性。

など、色々な方々が参加していました。

お試し気分で参加した私たちは、圧倒されまくりのパーティーでしたが、私がいいなと思っていて、その後、よき友達になった人たちも、パーティー後の話を聞くと、圧倒されまくりだったとかで。

類は類を呼ぶではありませんが、なんとなく、がっついて交際に持っていきたい人は、そうゆう人とくっつくのかなーって、勝手に思っちゃいました。

私たちは、圧倒されて、若干引き気味だったところに、同じようなタイプの男性陣が来てくれて、助かりました。笑

人間観察もできて、結構楽しく参加できました。

他に、市主催のマチコンなども参加しました。こちらは、グループ制になっていて、2.3人でグループになって、これもローテーションで男性陣が入れ替わるといったもの。

市主催の方が、チャラい人が多かったように思います。中身のない会話はもちろんの事、まだ結婚とか意識していないような若者たちが溢れてました。

出会いの場というものに変わりありませんが、あまりにも若々しい対応で来られると、結婚という対象ではなく、可愛らしい男の子という見方になってしまうのは、私たちの年代だからという理由だけではないと思いました。男性には、エスコートしてもらいたいものです。

前回の美容院主催の時に参加していた人たちもいて、お互い、気まずいような、同志のような、なんとなく嬉しいような、、、なんとも言えない変な感覚でした。

あまり頻繁に参加するのも、小さい街だと、いかがなものかな・・・と思った瞬間でした。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ニュース

  1. バンクーバー、トロント、ビクトリアはカナダでも有名な留学地。カナダは治安、交通の便も良く、過ごし…
  2. ヨーロッパで暮らしてみたい!という夢を叶えるのがヨーロッッパ留学、そしてワーキングホリデーです。ヨ…
  3. アカデミックな街でハーバー大学などの有名大学がある『ボストン』。メジャーリーグのボストンレッドソッ…
  4. ルワンダ共和国(ルワンダきょうわこく)、通称ルワンダは、中部アフリカに位置する小さな共和制国家であ…
  5. ブリスベンのあるクィーンズランド州ではボランティア人口がどんどん増加しています。州としては、近い将…

ランキング

ページ上部へ戻る