丸の内街コン参加レポ

現在35歳。去年、34歳にして結婚の約束をしていた彼に浮気されすがる思いで参加したのが街コンです。8歳も下の女友達を誘って、初めて『街コン』なるものに参加してきました。

丸の内を選んだのは、普通のサラリーマンが多いだろうと予想してNO残業DAYの水曜日開催の会に参加してみました。

びっくりしたのが、まず街コンのほとんどは20代を軸にされていて、女性の年齢制限が35歳でギリギリだったこと。そして、参加者が圧倒的に男性より女性が多いことです。

お店に入る受付から行列になっていて、周りを見渡す限り明らかに皆若く、正直30代は居づらい空気をその時から感じていました。後から考えると、年齢問題的に当事者でない観点で参加してた気がします。

昔で言う『お見合いパーティー』と違って、見るからにおかしな人がいない。完全に大規模な合コンといった参加者のクォリティの高さ?にも驚きでした。

参加は2人1組。4人席に割り当てられ、いきなり向かいの席に座った男性陣とトークをしていくという、ほぼ仕切りもなく勝手にどうぞの雰囲気は馴染みやすかったです。

偶然にも、最初からお向かいになった男性が同い年で初参加と共通の点があったので入りやすかったですね。割り当ての時点でうまく演出してくれたのかもしれません。

ただ、びっくりしたのが、冒頭にも伝えたように、女性の参加者の方が多いので女性2人2組と男性2人1組が1つの机を囲う形になってしまい、お互い最初は気まずい感じでした。

ただ、男性側が前のめり気味(飲み会ノリ)だったので、女性同士の団結感がでて女性とのコミュニケーション(携帯番号交換)もできました。フリーの女子も集まっているので、合コン友達ができることも利点だと思いました。

飲み会開始から、だいたい20分~30分で居酒屋内で男性陣の入替が2回ほど。そこからお店移動が3軒。合計3時間弱で10名程の男性達が向かいに座るので

出会いの回数は間違いなくあります。

ただし、居酒屋のスペースが狭いので、移動した先で男性陣がどうしてたかは丸見えです。仮に、いい雰囲気になっていたとしても、別の席で携帯交換をしているシーンや女性からアプローチを受けてるシーンを目の当たりにするわけなので、実際はその場限り盛り上がって終わりでしょうか。

これこそ、合コンかもしれませんが…。

全体的に、男性・女性共にその場を楽しみたいノリノリ飲み会軍団と、わりかし真面目に彼氏彼女を探しに来た普通の子達とではっきり分かれてました。

男性のノリノリ軍団は、聞けば某生保会社の営業で、実は10名程で参加しており、人数が多い分、気が大きくなっているようなイメージ。女性についてはサクラ?と言わんばかりに、慣れた感じで露出度も高かったです。

それ以外は、大人しく普通にやりとりをしていて、男女共に良い子が多い印象でした。本当に他で出会いがなくて、ここに集まっているのかなと。

それであれば、20代がこうして出会う場として『街コン』は素晴らしい!と思いましたね。

私は残念ながら、最年長でしたし、そもそも30代も全体の1割程度だったので年齢言えば、相手が怯むの繰り返しだったので、恋愛モードにはなりませんでしたが若い子達は皆楽しそうでした。

1つ言えば、お店の移動が3軒もあると、本気で疲れます。短時間で回転する向かいの相手との会話。1軒ごとに飲み物・食べ物の消化ノルマ(無理に頼まなくてもよい)、そして店の移動。全てが慌ただしく、終わった後はぐったりでした。

最後に、携帯交換を行ったのは2名。それぞれ、連絡をとりあって2人で会ってはみましたが2回め会う事はなかったです。これを繰り返せば、確かに彼氏はできそうですが

それには回数をこなすパワーが必要そうですね。とにかく疲れますの一言です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ニュース

  1. バンクーバー、トロント、ビクトリアはカナダでも有名な留学地。カナダは治安、交通の便も良く、過ごし…
  2. ヨーロッパで暮らしてみたい!という夢を叶えるのがヨーロッッパ留学、そしてワーキングホリデーです。ヨ…
  3. アカデミックな街でハーバー大学などの有名大学がある『ボストン』。メジャーリーグのボストンレッドソッ…
  4. ルワンダ共和国(ルワンダきょうわこく)、通称ルワンダは、中部アフリカに位置する小さな共和制国家であ…
  5. ブリスベンのあるクィーンズランド州ではボランティア人口がどんどん増加しています。州としては、近い将…

ランキング

ページ上部へ戻る