【人気の留学先、フィリピンセブ島の現地情報】水などの衛生面は大丈夫?

セブ島の衛生面

セブ島の語学学校では多くの社会人留学生がいる

セブには留学できる学校が最も多く集まっています。このため、学校の選択肢が多いというのもセブに留学する利点です。語学学校の講師は、フェリピンではとても人気のある職業です。その講師たちのほとんどは、大学などの高等教育機関でアカデミックなことを英語で学んできた人達です。

逆に言えば、ハイレベルな英語力をマスターしていなければ、語学講師の職につくことはできません。

このフィリピン人の英語力の高さは世界中から注目されており、米GlobalEnglish社が出した各国のビジネス英語力調査では堂々の1位に輝いたほどです。そのため、セブ島の語学学校では多くのキャリアアップを目指す社会人留学生が学んでおり、学校によっては社会人100%でビジネス英語やTOEIC,IELTSに特化したコースもあります。

フィリピン、セブ島の衛生面は問題

フィリピンへの滞在で、気になるポイントの一つが衛生面です。フェリピンでは水道水を飲むことができませんが、滞在先の寮やコンドミニアムに関しては清掃が行き届いているところが多く、快適に過ごすことができます。

大型のショッピングモールや新しいレストランも衛生面では問題がなく日本とあまり変わらない水準を期待できます。ただし、水圧が日本よりも弱く、さらにトイレの排水管が細いため詰まってしまうことも珍しくありません。フィリピンに限らず東南アジアの多くの国では、トイレットペーパーを流さずに便器の横のゴミ箱に捨てる習慣があります。その習慣に抵抗がある場合はトイレットペーパーを少しずつ流すようにしましょう。

また、南国のフィリピンでは、蚊や蟻、ゴキブリや蛾など日本では主に活動時期を夏とする害虫が年間を通じて多いという懸念点がありますが、害虫駆除が頻繁に行われているため、エリアによっては日本で生活している時よりも害虫を見かけないこともあります。また、学校や滞在先などが高層階にあればあるほど、害虫との遭遇率はぐっと下がります。それでも心配な方は現地でお手軽に殺虫剤や駆除剤、虫よけスプレーなどを購入できるので心配はないでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ニュース

  1. バンクーバー、トロント、ビクトリアはカナダでも有名な留学地。カナダは治安、交通の便も良く、過ごし…
  2. ヨーロッパで暮らしてみたい!という夢を叶えるのがヨーロッッパ留学、そしてワーキングホリデーです。ヨ…
  3. アカデミックな街でハーバー大学などの有名大学がある『ボストン』。メジャーリーグのボストンレッドソッ…
  4. ルワンダ共和国(ルワンダきょうわこく)、通称ルワンダは、中部アフリカに位置する小さな共和制国家であ…
  5. ブリスベンのあるクィーンズランド州ではボランティア人口がどんどん増加しています。州としては、近い将…

ランキング

ページ上部へ戻る