宿泊費、食費含めて約15万円まで留学費用を抑えられる、フィリピン、セブ島

セブ留学・費用

人気の留学先、セブ島は高水準の英語が使われています

語学留学と言えば欧米やオーストラリアを思い浮かべがちですが、実はもっと身近に英語公用国家でありながら近年語学留学地として良く選ばれている場所にフィリピンがあります。

アメリカやオーストラリア、ハワイなどに比較すると、移動時間も半分以下で日本から飛行機で僅か4時間離れたフィリピンは世界第3位の英語人口を抱えており、東アジア最大の英語公用語国家です。英語はフィリピノ語とともに公用語として学校で教えられ、教育の場、宗教行事、印刷出版・メディア、そしてビジネスの場面などは英語を使われています。

街に出れば看板はすべて英語です。TV番組、CMも英語で字幕なしで放送されています。また、フィリピンで教えられる英語は北米で使われるアメリカンスタンダードの英語とよく似ていると言われ、日常で高水準の英語が使われているフィリピンなら、英語習得に最適な環境が整っています。フィリピンなら、日本からいちばん近い英語圏の国で格安でかつ効果的な英語留学が実現できるのです。

セブ留学の予算

フィリピン留学でセブ島に行く場合の予算は宿泊費や食費など含めて月に10~15万円程が一般的です。選ぶコースや宿泊施設などにもより異なります。また、渡航費用や保険料、光熱費などは含まれないことが多いです。語学学校などにもより、費用は大幅に変わってくるので、なるべく節約したいという方はリサーチの上、よく吟味することで、全体の費用を抑えることが可能です。

最安値プランで航空券も早期予約割引などを利用し、食事も外食なしなど徹底すれば1ヶ月の留学で総費用18万円も可能です。

フィリピン留学に必要なピザの費用

フィリピン入国の為の入国検査に通る為にはフィリピンへの往復チケットもしくは第3国に出国する航空券を持っている必要があります。日本人の場合、入国審査にパスすれば自動的に30日間の滞在許可がもらえます。観光ビザで英語研修及び非学位課程 (Non-degree) に限定し、6ヶ月以内の期間に限り合法的に勉強できる「特別就学許可書」であれば約約6,000~7000ペソ(約12,000~15, 000円)で取得できます。

基本的にビザの申請は学校が代行してくれるので、ビザ代は学校に支払います。また、ACR I-Card(Alien Certificate of Registration Identity-card)=外国人登録証も、3,000ペソ(約6,000円~約7,000円)で学校が代行してくれます。さらに、滞在日数が30日以内の場合は、ビザは無料ですが、30日を超える場合は、約1ヶ月に1度のペースで延長ビザを申請します。ビザの延長も学校が代行してくれるケースがほとんどですので、余計な心配や面倒はありません。

延長ビザの費用は、初回の延長が3,030ペソ(約7,000円)で、その後はケースによって異なりますが、1500ペソ~3500ペソ(約3,400円~約8,000円)の間で、手数料はいずれも200ペソ~500ペソ(約450円~約1,100円)が相場となっています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ニュース

  1. バンクーバー、トロント、ビクトリアはカナダでも有名な留学地。カナダは治安、交通の便も良く、過ごし…
  2. ヨーロッパで暮らしてみたい!という夢を叶えるのがヨーロッッパ留学、そしてワーキングホリデーです。ヨ…
  3. アカデミックな街でハーバー大学などの有名大学がある『ボストン』。メジャーリーグのボストンレッドソッ…
  4. ルワンダ共和国(ルワンダきょうわこく)、通称ルワンダは、中部アフリカに位置する小さな共和制国家であ…
  5. ブリスベンのあるクィーンズランド州ではボランティア人口がどんどん増加しています。州としては、近い将…

ランキング

ページ上部へ戻る