私の街コン体験談

看護師という職業柄、なかなか出逢いがないと悩んでいたものの、婚活パーティーやお見合いパーティーは少し敷居が高い印象があったので、もっとフランクな出逢いを求めて街コンに友人と参加することにしました。

幾つかの飲食店を回りながら男性とおしゃべり出来るのも、食べるのが大好きな私にとっては魅力的な企画でした。早速当日、指定された店に行き、手続きをしました。最初の店では、男女比が偏らない様に男性、女性交互に席が配置されていました。ドキドキしながら席に着くと、目の前に既に20代半ば位の男性二人組が座っていました。「こんにちは。」と声を掛けたものの、私逹はアラサー。何だか申し訳ない気分になってしまいました。しかし、私の職業や食べ歩きという趣味に興味をもった様で、どんどん質問してくれ、会話が途切れることなく楽しく時間を過ごせました。美味しい店の情報交換や、合コンの誘いを受けて、連絡先の交換をしました。

1時間ほどで店を変わる様にスタッフの方に指示され、次の店をぷらぷら探すことにしました。友人が、行ってみたい店があると言うので中華の店へ行ってみることにしました。時間が沢山あるので、ビールと食事を抑えつつ慎重にいこうと云う作戦の下、次の店を目指しました。途中、何組かの男性から声を掛けられましたが、ちょっと遊んでいそうな雰囲気だったので、一緒に呑んだり、連絡先の交換はせずに次の店を目指しました。見ていると、街コン慣れしているのか、手当たり次第女性に声を掛けている男性も多かったです。

さて、次の店は結構空いていたので、取り敢えずビールを飲み、少し腹ごしらえをしました。街コンは手頃な値段だったので、正直料理は期待していなかったのですが、どこの店もなかなか美味しい料理を提供してくれました。また、スタッフの方が要所要所で、空いている店等を教えてくれたのも、効率が良いなあと思いました。二人で談笑していると、ちょっと年齢の近そうな男性二人が入ってきました。服装もお洒落で洗練されています。友人と顔を見合わせて「思いきって、話掛けて見ようか。」と云う事になりました。アルコールも適度に入っているので、酔いの力を借り、思いきって話掛けてみました。直ぐに席を空けてくれ、「こちらこそ大歓迎です。」と有難いお言葉を頂戴し、四人で呑みました。仕事は貿易関係で忙しいけれど、今は比較的落ち着いている時期だった様で参加出来たそうです。同じ30代前半と云うことで話も盛り上がり、過去の恋愛事情や今の職場での出逢いの無さなど話は尽きず、次の店へも一緒に移動することになりました。

友人は背の高い男性の方を気に入った様で、彼にどんどん話掛けていました。私はもう一人のあまり口数の多くない眼鏡の男性と話していましたが、お互い実はゲーム好きで、休みの日はゲームをして過ごすという共通点があり、今しているオンラインゲームの情報等を教えて貰いました。やはり、趣味の話になると、力が入る様です。背の高い男性は実は私も好みだったので、もっと話したいなあと思っていましたが、結局終わりまでその二人の男性といたので、次回四人で食事に行こうと云うラッキーな結果になりました。イベント終了後も駅まで送ってくれ、次回の食事が本当に楽しみです。

街コンに参加してみた感想は、多くの男性と出逢えるメリットがある反面、的を絞らないとせっかくの出逢いも流れてしまうデメリットもあると思いました。実際に他の友人はラインの交換をし過ぎて誰が誰だか分からなくなってしまったそうです。この人だと思ったら、女性から積極的に声を掛けていくのも大事だな、と思いました。

今は、次の食事へ向け、メールやラインで仕事や新しく出来た店の話をしています。プライベートが充実し、仕事のモチベーションも上がったので、街コンに参加して本当に良かったです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ニュース

  1. バンクーバー、トロント、ビクトリアはカナダでも有名な留学地。カナダは治安、交通の便も良く、過ごし…
  2. ヨーロッパで暮らしてみたい!という夢を叶えるのがヨーロッッパ留学、そしてワーキングホリデーです。ヨ…
  3. アカデミックな街でハーバー大学などの有名大学がある『ボストン』。メジャーリーグのボストンレッドソッ…
  4. ルワンダ共和国(ルワンダきょうわこく)、通称ルワンダは、中部アフリカに位置する小さな共和制国家であ…
  5. ブリスベンのあるクィーンズランド州ではボランティア人口がどんどん増加しています。州としては、近い将…

ランキング

ページ上部へ戻る