セブ島留学のメリットは滞在費、留学費が安く、授業も充実していること

イフィリピン留学のメリット

フィリピン、セブ島留学の1番大きいメリットは留学費、滞在費の安さ

フィリピン留学の何よりの利点は物価の安さです。欧米に比べて物価が安いため、留学費用が安くなります。加えて授業の少人数制も実現でき、マンツーマンレッスンもあり、無料授業を受ける機会もあります。二つ目の利点として、4週間までの留学であれば、ビザ手続きが不要であるということが挙げられます。入国時の学生ビザなどは必要なく、長期の留学の場合は現地で手続きをすればよいため、留学直前の準備で忙しい時期の負担を減らすことができます。

近年では、学生が自分の可能性をさらに拡げるために留学という方法が普及しつつありますが、留学といえばお金がかかるイメージではないでしょうか。それなら、セブ島への留学はいかがでしょう。セブ島留学ではヨーロッパやアメリカと比較して学費や宿泊費が安く、そのため日々の生活費の心配が少なく学業にも身が入ることでしょう。また、フィリピンは欧米に比べて日本に近いので渡航費も安く済みます。お金の心配が少なく学業に打ち込めるセブ島にあなたもぜひ留学してみませんか。

授業一コマあたりのフィリピン、セブ島留学の安さ

最近、英語を学ぶ場所としてフィリピン留学にいく人がとても増えてきています。なかでもリゾート地であるセブ島が留学先として大人気です。フィリピンはこれまで主流だった英語の留学先のカナダやアメリカと比べ日本からの距離も近く費用の面に関してもかなり安く勉強することができます。欧米留学の場合グループクラスがほとんどですが、フィリピンの場合ですとマンツーマンレッスンで1コマ約800円と信じられないくらいに安いです。

マンツーマンレッスンで英語力をしっかり伸ばせる

フィリピン、セブ島留学はアメリカやイギリスなどの英語の本場の地で語学学校に入るよりもグループレッスン時間が少なく、その代わりにマンツーマンレッスンを長く格安で受けることができるので、英語のスピーキング力を飛躍的に伸ばすことができます。クラス制のレッスンでは、他の学生に気後れしまったり、喋るチャンスがなくて、結果英語をあまり話せないまま帰ってきてしまったという話をよく聞きますが、個人レッスンでは自分で喋らないといけませんので、英語を使う量が大幅に増えて、飛躍的に英語ができるようになります。

フィリピン、セブ島留学なら無料授業もある

フィリピンは英語を話す人が多く、留学の費用も安い事から沢山の人が英語の勉強の為にフィリピンに留学しています。フィリピンでは多くの学校で無料の課外授業を受ける事が可能です。この授業では発音矯正、スピーキング、リスニング、TOEIC対策など様々な内容の勉強をする事ができます。このような授業が行えるのはフィリピンの人件費が安いからであり、できるだけ安く留学をしたいと考えている人にとって大きなメリットとなります。

フィリピン、セブ島留学なら掃除洗濯はしなくてOK。勉強に時間を費やせる

フィリピンの物価は日本と比べてとても安いですが、同様に人件費もとても安いです。この安い人件費のおかげでたくさんのスタッフを雇うことが可能になります。語学学校に入ると、学校が用意してくれた寮で生活をする場合がほとんどですが、寮にはたくさんのスタッフが働いています。食堂で働くスタッフ、部屋の掃除や生徒の洋服を洗濯してくれるスタッフもいて、身の回りのお世話を全てしてくれます。なので、わたしたちは英語の勉強に集中することができます。

フィリピン、セブ島は日本から近く時差は1時間だけ

日本でもグローバル化の波が押し寄せ小学生から英語の授業が取り入れられています。また英語が話せる事が特別ではなく当たり前になる未来も近く、若いうちから留学し様々な文化や人に触れ将来に向けて大きく成長していく事が大切です。人気の留学先としてフィリピンはセブ島があり、日本からも近く時差はたったの一時間でこれなら初めて海外へ行く人でも気軽にチャレンジできると評判です。毎年長期間の休みを利用し日本から行く人も多く不安なく安心して勉強に励め上達も早いので人気があります。

フィリピン、セブ島は日本の主要な空港から直行便あり

セブ島行(マクタン・セブ国際空港)の直行便チケットは、成田空港発の便以外にも夏になると主要空港からチャーター便が出ているので多くの日本人が購入しています。多くの日本人が訪れる事から安心感がありますので、英語を学ぶ留学生の数も多くいて行く期間は様々です。2014年現在の成田発はフィリピン航空の便が設定されており、14時台発と20時台発の便があります。飛行時間はわずか4時間で時差もほとんどありませんので、全く疲れる事なく移動できるでしょう。

フィリピン、セブ島の留学ビザ取得は簡単

アメリカへ留学する際にビザを取得しようとするとアメリカ大使館に行って手続をする必要がありますが、フィリピンの場合は入国する際に無料で取得する事ができます。空港で取ることのできる滞在期限は30日だけです。もし、期限を迎えそうになっても学校が代わりに手続きを行ってくれます。そのおかげで手続きなどに時間を取られる必要がなくなり、勉強を集中できます。これが格安なだけでなく留学する先に選ばれる理由の一つです。

滞在期間を延ばしたい場合、ビザの延長は学校側が手配してくれる

フィリピンへの留学の魅力は、気候が良い事、他の地域に比べ比較的治安が良い事、低予算で留学できる事、そして手続きが簡単な事です。空港で入国した時点で、21日間の滞在許可がおり、その後、学校が手配するSSP(学生許可書)を現地で取得する事で、学生ビザの代わりになります。延長したい場合は、学校が入国管理局に延長の手続きを代行してくれるので、気軽に延長する事が可能です。なお延長する歳には、既定の費用が必要になります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ニュース

  1. バンクーバー、トロント、ビクトリアはカナダでも有名な留学地。カナダは治安、交通の便も良く、過ごし…
  2. ヨーロッパで暮らしてみたい!という夢を叶えるのがヨーロッッパ留学、そしてワーキングホリデーです。ヨ…
  3. アカデミックな街でハーバー大学などの有名大学がある『ボストン』。メジャーリーグのボストンレッドソッ…
  4. ルワンダ共和国(ルワンダきょうわこく)、通称ルワンダは、中部アフリカに位置する小さな共和制国家であ…
  5. ブリスベンのあるクィーンズランド州ではボランティア人口がどんどん増加しています。州としては、近い将…

ランキング

ページ上部へ戻る