【人気のフィリピン、セブ留学】気候、ビーチリゾート、留学に来る外国人、wi-fi環境などの滞在先情報

セブ・ビーチリゾート

フィリピンでは日用品が安いので現地調達も可能

日本から近く留学費用も安く抑えられるフィリピン留学が話題になっています。セブ島は治安も良くリゾート地としても知られているので人気のある留学地です。フィリピンは日本に比べて物価がとても安いです。また、フィリピンの街中には日本と同じようにスーパーや大きなデパートもあり、わざわざ日本から日用品を持っていかなくても気軽に購入することが可能です。

なので、特にこだわりがない場合は現地で調達するのもいいかもしれません。

セブ島の気候

英語の語学習得の為にフィリピン留学が人気で,フィリピンの代表的な観光地でもあるセブ島には多くの留学生が滞在しています。フィリピンは一年を通じて気温の高い熱帯性気候です。太陽の日差しも強く,サングラスや帽子は欠かせません。

年の平均気温は,26℃~27℃で,雨期(6月~11月)と乾期(12月~5月)があります。気温が低くなるのは,乾期の時期で,日本の冬の時期と同じように,12月~2月の期間の気温が最も低くなります。

セブの学校はビーチの近くにあり、ビーチリゾートを楽しめる

セブ島にフィリピン留学する人は、勉強だけでなく、ビーチリゾートも楽しみたいと考えている人が多いようです。しかし、ほとんどの学校はビーチから離れた市街地にあります。市街地は、交通の便もよく、レストランやカフェ、ショッピングセンターなども近いので、生活するには便利な場所です。

ビーチ周辺は、高級リゾート地で、タクシーの数も少なく、生活の場としては少々不便な立地です。なので、ビーチに訪れるのは、休日のお楽しみに取っておくのがよいでしょう。

フィリピン、セブ島留学で国際交流

フィリピン留学が注目を集めていて、特にセブ島はリゾート地として知られていることもあり、人気のある留学地になっています。フィリピンの語学学校には韓国人や台湾人の留学生が多くいます。もちろん、語学学校の先生はフィリピン人ですし、学校によってはボランティア活動の一環でフィリピン人と交流する機会を与えてくれるところもあります。

また、街中にはいろいろな国にの人たちがいて、学校生活などを通して国際交流ができると言えるでしょう。

フィリピンでの反日デモ

フィリピン留学が注目を集め、マニラやセブ島に留学しに行く人が増えつつあります。最近、アジア各国で行われている反日デモのニュースをしばしば見ますが、フィリピンでの反日デモは心配する必要はありません。フィリピンは比較的親日国家であるからです。

日本人だからとって何かされることは決してなく、フィリピンのフレンドリーな国民性や生活が豊かである日本への憧れから、日本人を見つけると積極的に話しかけてくる人も多いです。

フィリピンでwi-fiは使用可能

現代の日本人にとって、スマホは生活の一部といっても過言ではないほどに生活の必需品となっていますが、セブ島でのフィリピン留学で、スマホの携帯電話機能は使用できませんが、Wi-Fi機能は使用できるので、LINEやネットを見ることは可能です。セカンドアドレスによる電子メールももちろん利用可能です。

ただし、治安が比較的安全とはいっても、海外なので、万が一のトラブルが発生するとも限らないので、使いたいときだけWi-Fiは使うようにして、普段はWi-Fi・OFFもしくはフライトモードにしてくようにしてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ニュース

  1. バンクーバー、トロント、ビクトリアはカナダでも有名な留学地。カナダは治安、交通の便も良く、過ごし…
  2. ヨーロッパで暮らしてみたい!という夢を叶えるのがヨーロッッパ留学、そしてワーキングホリデーです。ヨ…
  3. アカデミックな街でハーバー大学などの有名大学がある『ボストン』。メジャーリーグのボストンレッドソッ…
  4. ルワンダ共和国(ルワンダきょうわこく)、通称ルワンダは、中部アフリカに位置する小さな共和制国家であ…
  5. ブリスベンのあるクィーンズランド州ではボランティア人口がどんどん増加しています。州としては、近い将…

ランキング

ページ上部へ戻る