【フィリピン、セブ島留学中の生活情報】フィリピンでの1日の流れ、治安、現地の水、食事、インターネットについて

フィリピン留学の生活

留学中の1日の流れ

日本から近く留学費用も安いためフィリピン留学が注目されていて、セブ島への留学は特に人気があります。魅力は近さや留学費用が安いからだけではなく、マンツーマン授業をはじめとして英語を習得するための素晴らしい環境が整っているからです。

ほとんどの語学学校では平日は朝から夕方までみっちり授業が組み込まれていて、土曜日と日曜日は休日です。平日は朝から夕方まで勉強して、夕方からは自由時間なので外食しに出かけたり、フィリピンの激安のマッサージで一日の疲れをとるのもいいですよ。休日はジプシーやタクシーを使って散策に出掛けることもできます。

フィリピン、セブ島の治安

身近な英語圏への留学先として昨今人気が高くなっているフィリピン留学ですが、中でもセブ島はリゾート地でもあり魅力的なエリアです。さて、そんな魅力溢れるエリアでの生活に向けて気になるのが治安ですが、フィリピンの中ではそれほど治安が悪いエリアではありません。

しかし、それはフィリピンの中ではということであり、日本に比べれば注意が必要なのは当然です。特に財布を知らぬ間にすられていたりという事案は発生しているようですいずれも用心すれば問題なく防げるレベルですので、ちょっとした注意を払っていればトラブルは回避できます。

現地での貴重品の管理

フィリピン留学をしたときに寮に入ると不安になるのが貴重品の扱いです。いつも持ち歩かなければならないほど治安の悪い場所では、セーフティーボックスが用意されているのでそこに預けておくと安心です。セブ島でも治安が悪いかといえば、そうとも言い切れないので神経質にならなくても大丈夫ですが、万が一のこともあるので自己管理をしておくことが大切です。

高価な物は留学のときに必要はない物と思って、必要最低限の物だけ揃えるようにします。

フィリピン、セブ島の水

水道からの水が飲める国というのは日本ぐらいで、他の国では水は買って飲んでいます。フィリピン留学するときでも生水は禁止されている寮が多いので、水道の水は飲めないと思っていた方が安心です。セブ島で留学したときに水を飲みたくなったら、ペットボトル飲料を購入すると便利です。

水道からの水を使いたい場合には、一度沸騰させてから飲むようにすると、下痢や発熱などの症状を最小限に抑えることができますが、原則購入した方が安全です。

留学中の食事

フィリピン留学では、日常生活が快適かどうかが気になるところです。セブ島は、海がきれいで観光におとづれる人々が多い島なのでレストランやカフェが充実しています。レストランはフィリピン料理店だけでなく、フレンチ、イタリア料理店もあり、本格的な日本料理店もあります。観光客用のオシャレなお店も、安くておいしい地元のお店も見つけることができます。カフェは日本でおなじみのスターバックスをはじめとして数多くのお店があるのでお気に入りの一軒を見つけてみるのも楽しいでしょう。

ノートパソコンを持っていくことは可能か

ノートパソコンはフィリピン留学でも使うことができますが、電圧が日本の100Vとは異なるので、コンセントを挿して電源スイッチを入れた途端壊れる可能性があります。大切なデータも全部失ってしまうことになりかねないですから、変圧器を使うなどしてフィリピンの220Vに合わせるようにします。

セブ島ではネットが盛んに行われているのでWi-fiをできるようにしておけば、接続することができるようになるので、ノートパソコンでネットができるようになります。

現地のインターネット・電子機器情報

フィリピン留学にあたって気になる点としてよく取り上げられる事の一つに、インターネットが使えるかの心配があります。この事に関しては、基本的にどこでもネット通信はできますが、通信費用が高額になる事を防ぐために、Wi‐Fiスポットでのインターネット利用を推奨します。

ショッピングモールやカフェなど、セブ島内にはWi‐Fiスポットが多くあるため、こういった場でインターネットを使うと良いでしょう。留学先となるホテルにも、こういった設備が完備されている所も多くあります。また、近くにWi‐Fiスポットがないという場合には、ポケットWi‐Fiを購入すれば、いつでも安心してインターネットを使う事ができ、便利です。

またセブ島で電気製品を使うときは、現地で購入するのが一番いいですが、日本から持ち込んだドライヤーなどの電化製品を使うときは、変圧器を用意するなどして対策が必要です。

コンセントの形は日本とほとんど同じでフィリピン留学するときには、変圧プラグを用いないで挿すと、電圧が高いため故障する原因になります。変圧器を購入するぐらいなら現地で買った方が安いこともありますし、必要に応じて全部揃えることができるので、日本からわざわざ持っていかないでも揃えられます。

フィリピン、セブ島の電圧

欧米留学と比べると留学費用を安く抑えることができるため、最近フィリピン留学が注目を集めています。フィリピンの中でもセブ島はリゾート地としても有名なため、特に人気がある留学地です。海外に行く際に気になるのが日本の電気製品を使えるかということですが、フィリピンの電圧は220Vのため、海外対応の電気製品以外は使用することができません。

しかし、フィリピンは日本に比べて物価が非常に安いため、電気製品も安く購入できます。

変圧器は持っていったほうが良い?

日本の家電製品を海外で使おうとすると、コンセントプラグの差込口が合わないことがありますが、フィリピンでは日本とほとんど同じ形状なので、挿せてしまえるので注意が必要です。日本では100Vなのに対して、セブ島では220Vになっているので変圧器が必要です。

周波数は60Hzなので中には50Hz仕様の製品だと使えないことがあります。変圧器は旅行関係のグッズを扱っている店で売ってるので、フィリピン留学する前に揃えておくと便利です。

日本の家電製品は使えるのか

欧米留学と比べると留学費を安く抑えることが出来るフィリピン留学が注目を集めています。セブ島はリゾート地としても知られているため、特に人気のある留学地です。海外に行く際、日本の電気製品が使えるかが気になりますが、フィリピンの電圧は220Vのため、海外対応のもの以外、日本の電気製品は使えません。

しかし、フィリピンは日本と比べると物価がとても安いため、電気製品も安く購入することが可能です。電気製品は意外と荷物になるものですので、現地で買うのもいいでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ニュース

  1. バンクーバー、トロント、ビクトリアはカナダでも有名な留学地。カナダは治安、交通の便も良く、過ごし…
  2. ヨーロッパで暮らしてみたい!という夢を叶えるのがヨーロッッパ留学、そしてワーキングホリデーです。ヨ…
  3. アカデミックな街でハーバー大学などの有名大学がある『ボストン』。メジャーリーグのボストンレッドソッ…
  4. ルワンダ共和国(ルワンダきょうわこく)、通称ルワンダは、中部アフリカに位置する小さな共和制国家であ…
  5. ブリスベンのあるクィーンズランド州ではボランティア人口がどんどん増加しています。州としては、近い将…

ランキング

ページ上部へ戻る