フィリピン留学で英語が伸びる理由は、語学学校の授業がマンツーマンだからです

イギリスでホームステイ

セブ留学するために最初にすることは語学学校を探すこと

マンツーマン授業の実施など、英語の学習環境が整っていることからフィリピン留学が注目を集めています。セブ島は世界でも有数のリゾート地としても知られており、特に人気のある留学地です。留学を決めたら、まず最初に学校を決めましょう。

フィリピンにはたくさんの語学学校がありますが、掲げている教育目標や学校の環境はそれぞれの学校によって全然違いますので、どの学校が自分に合っているのかを見極めることが大切です。最初に学校を決めておくことで、渡航日なども決めることが出来るでしょう。

英会話初心者でも大丈夫な理由はフィリピン人も英語が母国語でないから

フィリピン留学が注目を集めていて、特にセブ島はリゾート地でもあり、留学地としても人気があります。フィリピンの公用語はタガログ語のため、フィリピン人は最初から英語が話せるわけではありません。フィリピン人は小学校から英語を勉強し始めるのです。

なので、日本人が英語を苦手に感じる気持ちを理解してくれます。まったく英語が話せない人にでも自分のペースに合わせてゆっくり授業をしてくれるので、フィリピンへの留学は日本人に向いています。

フィリピン留学すると英語が伸びる理由

フィリピン留学をセブ島に行ってする場合、授業は、マンツーマンが基本なので、グループレッスンが多い欧米への留学と比べて、英語がより身につきます。TOIECを例にとると、TOEICに特化した授業を行う学校もあるので、確実に点を取る事が出来ます。

フィリピンは、英語公用語人口が世界第3位なので、英語を話す環境にも恵まれています。講師もプロなので、訛りが有るわけでなく、マンツーマンの授業で、苦手な所も徹底して教えてもらえるので、効果は絶大です。

セブ島の語学学校の先生の特徴

フィリピン留学と言うと先生の質が悪いんじゃないか、なんて心配をしている人はいませんか。セブ島の語学学校に居る先生たちは皆ネイティブですし、地元の大学を卒業したエリートで、欧米の語学学校や日本で英語を教えている先生と教育レベルは同程度であると言えるでしょう。

一度でも語学学校に入られたことのある方ならば、先生が何処の国籍で何処の大学を出たということよりも、一人の先生に対して生徒数はどれくらいか、とか教え方が自分と合っているのかどうかの方が重要だと知っていると思います。フィリピンの学校では、先生が合わないと感じたら変えてもらえる柔軟性があるのが良いところですね。

授業時間数の多さよりもマンツーマン授業の方が満足度が高い

セブ島へフィリピン留学する際、留学期間中にどれだけ上達できるかは、学校の質も大きく関わってきます。授業時間が多い学校の方が良いかというと、一概にそうとは言えません。留学経験者の声で最も多いのが、マンツーマンの授業で上達したというものです。グループレッスンは、一人一人が発言できる機会も少ないので、上達も遅くなってしまいます。なので、マンツーマンの授業時間の多い学校を選ぶのが、上達への早道といえるようです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ニュース

  1. バンクーバー、トロント、ビクトリアはカナダでも有名な留学地。カナダは治安、交通の便も良く、過ごし…
  2. ヨーロッパで暮らしてみたい!という夢を叶えるのがヨーロッッパ留学、そしてワーキングホリデーです。ヨ…
  3. アカデミックな街でハーバー大学などの有名大学がある『ボストン』。メジャーリーグのボストンレッドソッ…
  4. ルワンダ共和国(ルワンダきょうわこく)、通称ルワンダは、中部アフリカに位置する小さな共和制国家であ…
  5. ブリスベンのあるクィーンズランド州ではボランティア人口がどんどん増加しています。州としては、近い将…

ランキング

ページ上部へ戻る