フィリピン留学で気になる現地人の英語なまり。先生はマンツーマン授業で、日本人に通じる英語を話すので安心です

フィリピン留学・マンツーマン授業

フィリピン、セブ島の英語のなまり

フィリピン留学は、東アジア最大の英語公用語国家であるセブ島最大の首都マニラに滞在して英語を学びますが、この国では英語だけでなく、タガログ語、セブアノ語の公用語も使用されるので、どうしても現地の講師の中にはお国訛りは出てしまいますが、気になるほどではありません。

ネイティブスピーカーではありませんので、生きた臨場感あふれる英会話を聞き取り、直接やり取りするので、実践的に効率よく英会話を確実にマスターできます。

フィリピン、セブ島の語学学校に行ってもなまりは身に付きません

フィリピン留学ならセブ島がお勧めです。英語の学習塾や英前留学などで英語を学んでもなかなか日本人のなまりが抜けない事がほとんどです。比較的治安が良く環境も整っているので、英語を思う存分学ぶことができます。また、インストラクターになまりはほどんどありませんので、ちゃんとした英語の発音や、聞き取る力を身に着けることができます。

留学費用の安さや日本から飛行機で4~5時間ほどで到着することができるので、大変お勧めです。

語学学校の先生は日本人に通じる英語を話せます

英語を習得するためにフィリピン留学でセブ島を訪れる人が増えています。英語はコミュニケーションツールとしてこれから生きていく上でとても必要なものになりました。多くの人がフィリピン人の英語は訛っていると思っているかもしれません。しかし、訛っていたとしても彼らは意味がちゃんと通じる英語を話します。

また、語学学校の先生たちの英語の発音は訛りが気になりませんし、わたしたちに正しい英語を教える力を持っています。

マンツーマン授業で英語を使う回数が多くなる

セブ島に多く語学学校があるフィリピン留学の特徴は、長い時間講師とマンツーマンレッスンを受けることができるので、英語を使う絶対量が多いことです。講師と1対1で英語を話す練習ができるので、自分の弱いところを指導してくれ、圧倒的に英会話力が伸びる傾向があります。

フィリピンは講師によってなまりが強くアメリカ英語と比べると少し違うような印象を受けるかもしれませんが、なまりに慣れればどんな英語が耳に入ってきても理解できるようになるのでおすすめです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ニュース

  1. バンクーバー、トロント、ビクトリアはカナダでも有名な留学地。カナダは治安、交通の便も良く、過ごし…
  2. ヨーロッパで暮らしてみたい!という夢を叶えるのがヨーロッッパ留学、そしてワーキングホリデーです。ヨ…
  3. アカデミックな街でハーバー大学などの有名大学がある『ボストン』。メジャーリーグのボストンレッドソッ…
  4. ルワンダ共和国(ルワンダきょうわこく)、通称ルワンダは、中部アフリカに位置する小さな共和制国家であ…
  5. ブリスベンのあるクィーンズランド州ではボランティア人口がどんどん増加しています。州としては、近い将…

ランキング

ページ上部へ戻る