フィリピン、セブ留学費用の内訳。語学学校、ビザ、航空券、海外保険はいくらか

セブ留学の内訳

フィリピン、セブ島留学が、費用の安さで人気

今、フィリピン留学が脚光を浴びていますが、その理由として挙げられるのは留学費用の安さです。セブ島は世界的な有名リゾート地なので、多くの語学学校が海の近くの広大な敷地を所有し、宿泊する寮や勉強する教室もちょっとしたリゾートホテルのような建物の中にあります。

フィリピンの語学学校は結構レッスン数が多くみっちり詰め込まれますが、会話がメインなので日本で勉強するような感じとはまた違って楽しいと思います。勉強が終わったら海や敷地内プールで泳いだり、プールサイドで日光浴を楽しんだり、とちょっとしたバカンス気分も味わえるのに費用が安く済むだなんてすごくお得です。

フィリピン、セブ島、語学学校に支払う費用

セブ島は世界でも有数のリゾート地ですが、フィリピン留学が注目を集めている今、留学地としても人気があります。なぜ人気があるかというと、留学に掛かる費用が本当に安いからです。学校に払う費用には入学費や教材費はもちろんですが、滞在費や食事洗濯費などの費用も含まれています。

学校が用意してくれる寮では、朝昼晩の食事の用意や洗濯、部屋の掃除などを学校のスタッフがやってくれます。このような環境があるので、わたしたちは英語の勉強に集中することができます。

セブ島政府に支払う、ビザ等の費用

フィリピン留学セブ島にいく際、留学には学費以外にもかかる費用がいくつかあります。
SSP(Special Study Permit)という特別学習許可書で、フィリピンに留学するには必ず必要で費用は11500円で6ヶ月有効です。次に延長滞在ビザ、日本人は30日間は無料で通常の観光目的で滞在可能ですが、延長する場合は最初の38日で3030ペソが必要になります。

それから、フィリピンに観光、就労、留学で59日以上滞在する場合には8000ペソでACR I-Cardを発行してもらいます。それ以外にも空港税(国際線)、空港税(国内線)などの費用もかかってきます。

格安航空券、海外保険で費用を抑える

日本からの距離や現地の物価を考慮すると、欧米諸国に留学する際にかかる費用に比べてセブ島を中心とするフィリピン留学にかかる費用はとても少なく済みます。そして、さらにコストを抑えようと工夫すれば驚くほど安く留学できる魅力があります。

たとえば渡航費は格安航空会社を選べばもっと安くできますし、海外保険もお得なプランを厳選すれば保険に入っている安心感を得るだけではなく無駄な出費をも抑えることができるのです。

セブ島の物価。外食費、交通費

フィリピン留学をセブ島でした時の物価が気になりますが、フィリピンの通貨ペソは、日本の5~6分の1の価値になるので、全ての物を安く抑える事が出来ます。何も外食もせず何処へも出かけなければ、本当に少しの金額で抑える事が出来ますが、外食しても例えば、レストランでしたら400円から、ハンバーガーなら80円で済ませる事が出来、あまりお金をかけなくても外食を楽しむ事が出来ます。

タクシーの初乗りは、日本円で、80円ですので、これも安くて済みます。

セブ島留学に必要なお小遣い

現在フィリピン留学が注目を集めており、その中でもセブ島は特に人気がある留学地です。留学はお金がかかるというイメージですが、フィリピンは物価がとても安く、欧米留学と比べると学費はもちろん生活費等もかなり抑えることが可能です。なんと言っても食事代が安くて驚きますよ。

ホテルなどにある高級レストランは高いですが、道端にあるレストランは500円もあればお腹いっぱい食べられます。たまに贅沢をすると考えても、一ヶ月に二万円くらいのお小遣いがあれば余裕で生活できちゃいます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ニュース

  1. バンクーバー、トロント、ビクトリアはカナダでも有名な留学地。カナダは治安、交通の便も良く、過ごし…
  2. ヨーロッパで暮らしてみたい!という夢を叶えるのがヨーロッッパ留学、そしてワーキングホリデーです。ヨ…
  3. アカデミックな街でハーバー大学などの有名大学がある『ボストン』。メジャーリーグのボストンレッドソッ…
  4. ルワンダ共和国(ルワンダきょうわこく)、通称ルワンダは、中部アフリカに位置する小さな共和制国家であ…
  5. ブリスベンのあるクィーンズランド州ではボランティア人口がどんどん増加しています。州としては、近い将…

ランキング

ページ上部へ戻る